カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. マタニティウェアは何が必要?簡単に節約する方法
妊娠初期(2~4ヵ月)

[16w]マタニティウェアは何が必要?簡単に節約する方法 [妊娠・出産の体験談]

15590人に読まれました
2016-09-05 15:25
マタニティウェアはいろいろな種類があり、お洒落なものもラインナップされています。
ですが、一式買い換えるとなると大きな出費ですし、家にあるものでまかなえる場合もあるので一度クローゼットの中を見直してから賢くお買い物をすることがお勧めです。
  • 下着類

    私は、下着類は最初に購入しました。
    というのも、普通の下着の締め付けでつわりがより酷くなったからです。
    マタニティ用下着は、ホックの数が普通のものより多かったり、締め付けが少なく素材も肌に優しいものばかりなので、安心して日常生活を送ることができます。
    よって、下着だけは購入せざるを得なかったです。

    買い方のポイントとして、下着屋さんでお洒落なマタニティ下着を買うのもひとつの手ですが、西松屋や赤ちゃん本舗で安売りしているものの方が半額以下で買える場合があるので衝動買いせず色々見て回るとお得に購入できます。
    また、授乳に適したものを選べば産後に買い換える必要が無いので、産前産後okな下着を見つけましょう。
  • 上下繋がっている服を活用する

    マキシワンピースやオーバーオールなど、肩から下まで繋がっているデザインだとお腹を締め付ける心配がありません。
    元々家にあれば、そちらを活用すれば殆ど他の服は必要無いです。
    下に着るトップスや上着を変えれば年中着られますし、いかにも、なマタニティウェアよりお洒落に過ごすことができます。
  • スカートやズボンはホックを外してトップスで隠す

    段々お腹が大きくなってくると、入らなくなってくる服が増えますが、いざとなればホックやチャックを開けっ放しにして長めのトップスで隠すことで長く着用できます。
    また、普通のボトムスに付ける延長ベルトも売っています。
    これがあれば、ずり落ちることもなくどのボトムスもマタニティウェアに早変わりします。
    出来るだけ買う量を少なくしたい妊婦さんにお勧めです。

みんなへメッセージやアドバイス

マタニティウェアは妊婦さんの身体に合わせて作られているのでもちろん着心地はいいですが、後々まで考慮して購入する量を絞り、ベビーグッズの費用に当てたりすると、ストレス無くお買い物ができると思います。
2

妊娠16w前後の体験談

上へもどる