カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠後期は甘いものが欲しくてしょうがない!そんな時に役立ちます
妊娠後期(8ヵ月以降)

[31w]妊娠後期は甘いものが欲しくてしょうがない!そんな時に役立ちます [妊娠・出産の体験談]

11851人に読まれました
2016-08-05 11:27
妊娠後期になると、後期つわりが始まりました。
私の場合、つわりが食べつわりタイプだったのですが、後期に入ってからまた食べつわりが復活して体重制限もあるので非常にストレスが溜まりました。
特に甘いものが食べたくて仕方がないのですが、妊娠糖尿病にならないためにも乗り越える方法を書いていきます。
  • ミントタブレット

    まず甘いものが食べたくなったときは、ミントのタブレットを食べるようにしています。
    携帯も簡単にできますし、カロリーも少ないので昼夜問わず食べられます。
    夜寝る前に甘いものが食べた過ぎて寝付けない時にも重宝しています。
    フレーバーもいろいろな種類が有り、フルーツ系やサイダー系、チョコレート味などバリエーションが豊富です。

    期間限定商品もあるので、お店でお菓子のコーナーに行くと苦痛になる方もミントタブレットに切り替えてみてはいかがでしょうか。
  • コラーゲングミ

    コラーゲンが含まれているので肌にも優しいですし、甘味が強いので数粒で満足できます。
    私は糖分を欲するがあまりに外出時貧血になりかける時もありましたが、電車の中などでも音を立てずサッと口に入れることができるので大変便利でした。
  • 棒付きアイス

    一見アイスは糖分が高いし、摂取してはいけないものというイメージですが、箱入りの棒付きアイスは1本あたりのカロリーが50~100カロリー前後のものが多く、どうしても、贅沢気分を味わいたい!という時に食べていました。
    夏だと氷菓系のアイスがカロリーも低くお勧めです。
  • ゼリー

    コンニャクゼリーや普通の果物ゼリーなどを凍らせておくと食感が増え満足感もありますし、つわりで辛い時にスッキリします。
    ゼリーはプリンなどに比べて体に優しいものが多く、ゼロカロリーのものも多く販売されています。
    ビタミンなども一緒に摂れる製品が薬局に多くあるので、栄養成分表示をチェックして選びましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

ドラッグストアに置いてある栄養機能食品なども、甘みがあり食物繊維やビタミンを含むものが多かったので役立つアイテムでした。

夜にどうしても甘いものが欲しくてたまらなくて、我慢するとそのことばかり考えて寝不足になってしまうこともありますので適度にストレスを発散することが大切だと思います。
1

妊娠31w前後の体験談

上へもどる