カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 心拍確認ができないまま1週間後の病院受診
妊娠初期(2~4ヵ月)

[8w]心拍確認ができないまま1週間後の病院受診 [妊娠・出産の体験談]

6137人に読まれました
2016-02-15 15:16
7w8あたりに病院を受診した際に、心拍確認ができず。
1週間後にまた病院を受診する事になりました。
1週間丁度の日に予約を入れていたのですが、前の日に旦那が休みになり、1日早めて病院を受診しました。
  • 内診

    前回と同じ医院長先生の内診です。

    私が通っている産婦人科の医院長先生はすごく優しく、どこか安心させてくれます。難点は目が悪くなってきているせいか、たまに少し痛い時があります。
    副医院長先生は冷たい感じで、良く不安にさせてくれる先生なのですが仕事は丁寧で注射含め全く痛くないので腕は確かです。

    となりの内診台で、「あなたの体質は〜」と他人事のように話している副医院長先生を尻目に「〇〇さんこんにちわ!前回心拍確認できなかったんだよね。ちょっと見てみようか〜楽にして」と親切に名前で呼んでくれます。
    今回ばかりは医院長先生で良かったな〜と思いました。

    安心させてくれる先生であっても、時には変に期待してしまったりするので、私は不安にさせてくれる副医院先生も好きです。
    ダメで元々くらいの考えであれば、ダメージも少ないですよね。
    不妊治療から通っている病院なので、どちらの先生とも長い付き合いです。アメとムチな感じでいいのかな?とも思っています。

    そして、心拍確認の結果は...
    先生「やっぱり確認できないね。赤ちゃんも成長してないみたいだから、残念だったね。となりで話しましょう」
    という感じの言葉をかけてくれたように思います。
    となりの部屋にうつり、元々赤ちゃんの生命力の問題だったから仕方の無い事なんだよね。などのうんぬんの話をされたように思います。

    病院では泣かないと決めていたので、先生の話も短くて良かったように思います。私を元気づけようと色々言われてしまうと、きっと泣いてしまったかもしれません。

    この後、手術の為の採血と採血の結果が出る1週間後に手術の日を提案されて、6日後に手術の日を決めました。

    採血してくれる看護師さんに手術の説明、同意書をもらって帰宅しました。

    1週間前の赤ちゃんのCRLは6.6mmでしたが今回は距離などのせいもありますが5.1mmでした。
    胎嚢は大きくなっているように見えました。
  • 流産宣告をされて1週間後の手術日まで

    赤ちゃんは亡くなっていても、お腹は結構大きくなりました。
    子供を出産するたびにお腹が大きくなるのが早いのですが、3人目の赤ちゃんは3ヶ月にして1人目の5〜6ヶ月程のお腹の大きさだったように思います。
    普段着ている服がキツキツで、夏だったら絶対妊婦だと気付かれるような大きさにまでなっていました。

    お腹の写真を残しておこうか迷いましたが、唯一頂いた2枚のエコー写真だけ息子と一緒のエコー写真のアルバムに入れておきました。

    1週間後の手術日まで相変わらずつわりがきつかったです。
    つわりを経験するのは3回目なのですが、子供の人数が増える程自分の休む時間がとれないのと、赤ちゃんが亡くなっているのになんでつわりに耐えなきゃいけないんだろうと毎日憂鬱でした。

みんなへメッセージやアドバイス

手術の日が決まってから送り迎えをお願いするために急遽旦那にお休みをとってもらいました。自分でも帰宅できるのか聞いた所、麻酔が残っていてフラフラなのとほとんどみなさん迎えに来てもらっているとの事だったので2人の子供達の子守りも含めて旦那にお願いしました。
1

妊娠8w前後の体験談

妊娠初期(2~4ヵ月)の人気体験談ランキング

上へもどる