カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 初めてのあんよ【あんよ前の兆候と注意点】
成長の目安

[0歳10ヶ月]初めてのあんよ【あんよ前の兆候と注意点】 [育児の体験談]

2176人に読まれました
2016-02-19 16:37
10ヶ月の初めに手放しでのたっちが出来た息子。
歩くのは1歳になってからかな~と話していた矢先の事でした。

歩くまでの道のりで気づいたことを書いていきたいと思います。

  • ◇あんよの前の兆候◇

    手放しで一瞬立ってすぐにへたり込むというのをずっと繰り返していた息子。
    「あ!また一人で立ってる!」というのを何度も目撃しました。

    それはバレリーナが鏡の前で練習している様のよう。

    プルプルしながら立っては座るを繰り返し、徐々に立っている時間が長くなり、
    足の筋肉が日々強くなっているのがわかりました。
  • ◇ハイハイが変わった◇

    いつものハイハイはひじとひざで体を支えて進んでいましたが、
    なぜかひじもひざもを付けずに手のひらと足の裏で支えて進んでいました…

    まるで生まれたての小鹿が歩いているような…奇妙な時期でした。
  • ◇スクワットで筋トレ◇

    手放しでたっち出来るようになって2週間ほどすると、
    立ちながらひざを曲げて伸ばしてを繰り返してスクワットするのをよく目にしました。

    これが効いたのか、今度は座っている状態から一人で立てるようになりました。
  • ◇ついに…あんよが出来た!◇

    手放したっちが出来てから約3週間、立っているときにおもちゃで釣ったところ、
    おもちゃを取ろうと手を伸ばしながらトテトテトテトテと歩きました!

    その日の朝、いつものように立って、1歩出て、しゃがんで、を繰り返していたので、
    もうちょっとで歩くかも~と思っていた矢先のことでした。
  • ◇あんよしたら注意すること

    ・まだグラグラするので頭を打ってケガしないように机の角やとがったものをカバーしましょう。
    ・お箸やスプーンなど長いものを持ちながら転んで万が一喉をつくと死亡事故にもつながるので、
    長いものは持たせないように気を付けましょう。
    ・お外に行くときは、ガタガタしたアスファルトや石があるような場所では歩かせないように、
    安定するまでは出来れば室内で歩かせて練習しましょう。
    ・お風呂でも立って歩こうとするので、出来る限り目を離さず危険から守ってあげましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

手を握って一緒に歩く練習をしたり、慣れてきたらママの足につかまらせて
一緒に歩いたりして遊んでみると、楽しくあんよの練習が出来ると思います。

まねっこをする子なら、お座りの状態から立ってあげたり、
ママがお手本を見せてあげるのもいいでしょう。

一緒に頑張りましょう♪
1

上へもどる