カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠中は貧血になりやすいの??
トラブル

[16w]妊娠中は貧血になりやすいの?? [妊娠・出産の体験談]

456人に読まれました
2016-02-18 13:31

妊娠すると、血液の量は増えますが赤血球があまり増えないので血中の赤血球濃度が薄くなり貧血になりやすくなります。また、お腹の赤ちゃんも鉄分を吸収していきますので、さらに鉄分不足になります。

もちろん、そのまま放置し貧血が悪化するとお母さんにも胎児にも影響を与えてしまいます。

お母さんには目眩や吐き気、そして出産時の出血にも対応出来なくなってしまい命に関わってしまいます。
また、胎児には発育不良の為、未熟児で生まれたりすることがあるようです。

では、どうやって皆さん改善しているのでしょうか??


  • 食生活で鉄分を積極的に取り入れる!



    やはり、食事から鉄分を吸収するのが一番負担なく出来ることだと思います。
    小まめに食事に取り入れることで、吸収が良くなり貧血も緩和されるでしょう。
    では、どういった食事を積極的に取り入れると良いのでしょうか?

    よく代表的な食材として「レバー」があげられますが、レバーには赤ちゃんの発育に影響を及ぼすビタミンAががたくさん含まれていますので、過剰摂取は禁物です。

    他には、しじみやイワシ、ほうれん草や高野豆腐などにも鉄分が多く含まれていますので、バランス摂取出来ると良いですね♪

    また、ビタミンCやたんぱく質は鉄分の吸収を助ける効果がありますので、上記のような食材と一緒に召し上がるとより良い効果が期待できるそうです。

    私も妊娠中は貧血気味でしたので、レバーを好んで食べていたのですが、やはり食べ過ぎは良くないので他のほうれん草や高野豆腐を積極的に食べるようにしていました。
  • 貧血がひどい場合にはお薬で対処



    妊娠初期からなりやすい貧血ですが、中期後期となると赤ちゃんの成長がより一層活発になり貧血も進みやすくなります。

    そうなった場合、早めに対処しておかないと出産時に陣痛が中々進まない微弱陣痛になったり、血液中の酸素濃度が薄くなり、胎児にも影響を与えてしまいます。

    ですので、食事で改善されないようであれば、早めに病院でお薬を処方して頂くと良いと思います。

    この鉄分を補うお薬は便を硬くする作用や、吐き気を伴う場合があり嫌がる方も多いようですが、貧血は放置しておくと進む一方なので、こう言った薬を利用するなどして、なるべく早い段階で治しておきましょう。

    便秘がひどくなってしまう場合には、病院で便を柔らかくするお薬も一緒に処方してくれると思いますので、併せて服用すると良いでしょう。

みんなへメッセージやアドバイス



軽度の場合ですと、自分では中々気付きにくい貧血もあります。
私も自分では気づかなかったのですが、病院で血液検査をした際に貧血と診断されお薬を処方していただきました。

ですので、日頃からなるべく鉄分の多い食材を使うなどして、貧血にならないように心がけておくと良いと思います。

1

妊娠16w前後の体験談

上へもどる