カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 妊娠・出産での途中退職は確定申告必須です![スムーズに進めるには]
お金・各種制度

[32w]妊娠・出産での途中退職は確定申告必須です![スムーズに進めるには] [妊娠・出産の体験談]

5959人に読まれました
2016-08-05 12:20
産休・育休制度がない職場で働いていると、妊娠が発覚して辞めざるを得ないケースが多いと思います。

その際に、年度の途中で辞めると確定申告をしなくてはなりません。
正確に言うと、確定申告をした方が、払い過ぎた税金が戻ってくるのでした方が安心です。
また翌年の住民税にも関わってきますので、難しい確定申告について、ご説明いたします。
  • 確定申告に必要な書類

    まず、確定申告に必要な書類です。
    最も大切なのが、退職した会社の源泉徴収票です。
    これは、会社側が自動的に送付してくれればいいのですが、こちらから言わないと送ってくれない場合も多くあります。

    確定申告は2月半ば~3月半ばの内に行うのが一般的なので、間に合わなくなる前に、職場に確認を取っておきましょう。

    職場を退職する日に、「大変お手数ですが、後ほど離職票と源泉徴収票の送付をお願いいたします」と事前に伝えておくと安心です。

    次に、保険料などの控除証明書が必要です。
    生命保険に入られている方は、その書類を用意しましょう。
    年末になると国民年金の手紙が郵送されてくることが多いので、必ずわかる場所に保管をしておきましょう。

    住宅ローンがある場合は、住宅借入金等特別控除額の計算明細書などが必要にある場合があります。

    今まではこれらの書類を職場に提出するだけで、会社側で行ってくれている場合が多かったと思いますが、確定申告は自分で行わなくてはいけないので大変です。
  • 確定申告の提出方法

    2~3月に市役所で確定申告の相談を無料で行っている場合があります。
    もし不安な方や今回が初めての確定申告、という方は、そちらで専門の方の元作成する方が安心です。
    その際に、印鑑や銀行の口座番号の写しなども用意しましょう。
    整理券を配布するなどかなり混み合いますので、早めに伺うことをお勧めいたします。

    もし自宅で行う場合は、市役所のホームページで確定申告の紙をダウンロードして手書きで記載する方法がありますが、かなり難易度が高いです。
    市役所のホームページから確定申告書作成コーナーに行けるので、自動で計算してくれる分かりやすい色つきのマニュアルを用いて説明を見ながら作成する方法が楽です。

    それを保存してコンビニなどで印刷し、送付するだけで完了します。

    また、医療費控除を受ける場合は、自分だけではなく旦那さんや上のお子さんの医療費の領収証をしっかりかき集めて纏めておきましょう。
    妊婦検診でもらった領収証も含まれますので、2~3月が出産予定の方の場合は万が一のことも考えて旦那さんに領収証の場所を伝えておいたほうが安心です。

みんなへメッセージやアドバイス

1度市役所で確定申告相談をお願いすると、その年の控えを貰えます。
それを活用して翌年にお手本として使うことができるので、もしお近くの市役所でサポートしてくれる場合は情報を逃さず相談することをお勧めいたします。
2

妊娠32w前後の体験談

上へもどる