カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 生後4ヶ月の赤ちゃんとの過ごし方♪
遊び・あやし

[0歳4ヶ月]生後4ヶ月の赤ちゃんとの過ごし方♪ [育児の体験談]

6318人に読まれました
2016-08-22 15:34
個人差はありますが、生後3、4ヶ月くらいになると目も殆ど見えるようになり、手足の動きも活発になってくると思います。お母さんにとっては、反応がすごく嬉しくて育児も楽しくなってくる時期ではないでしょうか。

この時期の赤ちゃんは何でも興味を示すと思いますが、私が最近息子と一緒に楽しんでいるのは「手遊び歌」です♪
  • どんな歌があるの??

    「手遊び歌」とは歌を歌いながら手を使ってポーズをとったり、何かを手で表現したりして遊ぶ方法です。
    日本の童話や海外の童話など様々な歌があります。

    例えば、「大きな栗の木の下で」「グー・チョキ・パー」「むすんでひらいて」「ひげじいさん」などが有名ではないでしょうか。私も小さい頃にこの様な手遊び歌で遊んだ記憶があります。

    生後4ヶ月ほどですと、まだ一緒に手を動かすことはできませんが、息子の前で歌に合わせて手や体を動かすととても喜びます。一緒に体や手を動かそうと、一生懸命脚を伸ばしたり、手を伸ばしたりしています♪
  • 子供の成長にも効果的!

    この「手遊び歌」は実は子供の成長にとても良い効果があるんだそうです!

    手を使うことによって、脳が刺激され脳の発達を促してくれたり、反射神経が良くなり手先も器用になります。
    また、歌に出てくる物を手や体を使って表現しようとしますので、表現力や想像力も養われます。

    さらに、手を使ってスキンシップをはかることで、オキシトシンと呼ばれるホルモン(愛情ホルモンとも呼ばれています)が脳内で分泌され情緒が安定した子供になります。

    何も用意しなくてもその場ですぐに始められるのも、とても良い点だと思います。

    私も毎日2、3時間ほどはこの手遊び歌で子供と一緒に遊んでいます*^^*

みんなへメッセージやアドバイス

今ではインターネットなどで検索すると動画もたくさん見つかると思いますので、この良いことだらけの「手遊び歌」を始めてみるのもいいと思います。

赤ちゃんはまだ自分ではできませんが、お母さんの動きや話し方を見て覚えるのでスキンシップをはかりながら、赤ちゃんと楽しい時間を過ごせると良いですね♪
1

上へもどる