カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. ほぼ一人で子育て ~2か月でぐっすり寝てくれる子に~
睡眠(ねんね)

[0歳2ヶ月]ほぼ一人で子育て ~2か月でぐっすり寝てくれる子に~ [育児の体験談]

10748人に読まれました
2016-11-08 11:10
旦那が朝早くから夜遅くまで仕事でいないので、ほとんどの家事を自分ひとりでこなさなければなりません。産後2か月ごろからは何とかやっていけるようになりました。何故できるようになったのか?

それはこどもがぐっすり寝てくれるからです!!

我が家での、「ぐっすり」のコツをご紹介します。
  • ポイント1 新生児のころから昼夜の区別をつける

    これが大変かもしれませんが、我が家では新生児のころから昼と夜を区別させた生活をしていました。
    もちろん、授乳間隔は2時間だったり1時間だったり大変な時期でした。
    それでも夜は寝室で&昼はリビングで過ごさせ寝室にいる間は薄暗くして過ごしてました。そのおかげか昼夜の区別がわかるのが早かったと思います。
    ちなみに私もまだまだ体が戻っていない時期だったので、昼間はリビングでだっこしたままソファで寝ていました(^^)
  • ポイント2 昼間はできるだけ遊んであげる

    そして、もう一つのポイントは夜の睡眠時間が長くなってきたら、昼間は短時間でも散歩に出かけたり、だっこで家の中を探検させたり、絵本を読んだり、目を見てクーイングを促したりして活発に活動させています。
    そうすると、夕方には疲れてもう一度ぐっすりタイムがやってくるのでそのタイミングで急いで食器洗いをし夕食の準備をします。
    ちなみにこどもが生まれてからは我が家では食器洗いのタイミングは1日でこの時間のみです。
    朝食・昼食ではなるべく食器を少なく使うようにし、3食分まとめてこのタイミングで洗っています。
    (住宅購入したら早く食器洗い機を買いたいです(^^;))

みんなへメッセージやアドバイス

そして、次のポイントが最も重要です!
次の記事へつづく♪
http://karadanote.jp/mystory/13966
1

上へもどる