カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 明日から頑張れる!励まされた話②
ママの悩み

[0歳1ヶ月]明日から頑張れる!励まされた話② [育児の体験談]

1079人に読まれました
2016-02-26 17:07
つづきです。

退院後、おばあちゃんが私の家にお見舞いに来てくれたので当時のことを聞いてみました。

「おばあちゃんは産後、誰か面倒見てくれる人がいたの?」と。

すると、
祖母「いないよ〜私の母は早くに亡くなってしまったからね。」

「やっぱり、そうなんだ!当時はオムツは何を使ってたの?ご飯はどうしてたの?」

祖母「オムツは布だよ〜。紙なんてないからね(^^;;ご飯はどうしてたかな〜忘れちゃった」

「忘れちゃったって(笑)大変だったでしょ?覚えてないの?」

祖母「もう60年も前だからね〜(笑)細かいことは忘れちゃったよ。大変だったことだけは覚えている(笑)」

とのこと。
2016年の子育てなんて、ネットスーパーはあるし、紙オムツもあるし、家電もそろっていて、洗濯も干すだけだし。私はこんなに恵まれているのに、挫けそうになっていたなんて!

当時、親に反対されて田舎を逃げ出して結婚する人なんて少なかっただろうし、今よりももっと家族の繋がりが強かったはずで世間も優しくはなかったころ。出産だって今よりもケアが少なかっただろうし、ずっと大変だった時代におばあちゃんは頑張っていました。しかも、私の母を産んだあとももう1人こどもを出産してまた1人で子育てしたのです。2歳違いの上の子がいながら家族の支援なく子育てするなんて…

戦争世代の人は本当に強いです。
今日は体調が悪いからだっこするの辛いなぁーと思う日もきっとあったはず。それでも何とかやってきたおばあちゃんの事を思い出すと、「私も同じだから。一緒に頑張ろう」と若いころのおばあちゃんに言われているような気持ちになります。

いつもニコニコ、見返りを求めず優しく見守ってくれたおばあちゃん。大人になってみると、おばあちゃんがどれだけ大変な人生をたくましく生きてきたのかがよく分かります。私もおばあちゃんを見習って強いママになりたいです。

みんなへメッセージやアドバイス

おばあちゃんが一人目の子供を産んで、13年後おじいちゃんは病気で亡くなりその後、女手一つで働きながら子供たちを育てたのでした。
2

上へもどる