カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 夜中に頻繁に起きてしまう…私はこうやって過ごしました!
妊娠後期(8ヵ月以降)

[36w]夜中に頻繁に起きてしまう…私はこうやって過ごしました! [妊娠・出産の体験談]

1495人に読まれました
2016-03-10 14:44
妊娠後期に入ってからというものの
・お腹が重い
・胎動が激しい
・頻尿
・妊娠とは関係ないけど花粉症で薬が飲めないので鼻が詰まる

などの原因により、夜中に目が覚める生活になりました。

私が目が覚めてしまった時にどう過ごしたか、

記していきます!
  • 妊婦さんの生活は特例扱いで!

    トイレを済ませてもお腹が張って再び寝付けない…
    といった時は、
    まず目を閉じてひたすら横になっていました。

    目を閉じるだけで休まります。

    下手に寝なきゃ、寝なきゃ、と考えるとより焦って眠れなくなるので
    朝の6時まで軽く休めればいいや、くらいの気持ちでいました。

    また、それでも落ち着かないときは、
    諦めてスマートフォンで妊婦用アプリを見ています。
    同じような症状が出ている人もたくさんいますし
    掲示板を見て安心感を得ることができます。

    目が覚めてしまった時間帯にもよりますが、
    例えば4時半~5時くらいの早朝だった場合は
    テレビでニュースを既に放送しているので、それを音を小さくして視聴していました。

    昼間辛くなるかもしれませんが、
    そのときはまた昼寝すればいいや、くらいの気持ちで過ごすとストレスが溜まりません。

    諦めて起床して、ご飯を軽く食べるとまた眠気が来るケースもあります。

    直ぐ寝ると消化せずに次起きた時に胃もたれで苦しくなることが多いので

    最低30分は待って、軽い家事などをこなしてから二度寝するように心掛けています。


    2~3時の深夜帯に起きてしまうと、

    朝まで時間もありますし段々頭痛もしてきて苦しかったです。

    それでも、暗がりで小さい明かりをつけて本を読んだり、

    近所迷惑にならないような作業をしていました。

    目が覚めた後にお腹がすいて眠れない時は、体重管理との葛藤がありますが
    深夜でもゼロカロリーのゼリーを食べていました。

    また、あたたかい牛乳も落ち着けるのでオススメです。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中は細切れ睡眠が当たり前!というくらいの心持ちで、
出産後授乳で起きることへの慣れの期間として捉えています。
0

妊娠36w前後の体験談

上へもどる