カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 初めての体験、こむら返り!急な症状への対処法です
妊娠後期(8ヵ月以降)

[36w]初めての体験、こむら返り!急な症状への対処法です [妊娠・出産の体験談]

987人に読まれました
2016-03-10 15:23
“こむら返り”という症状をご存知でしょうか。
私は、妊娠して生まれて初めて体験しました。
それまでは名前は聞いたことがあったものの、
どのようなものか具体的には知りませんでした。

私がこむら返りを体験したときがどのような状況で

どうすれば改善できるのか

ご紹介いたします。
  • 夜中に、な、ナンジャコリャー!

    私がこむら返りになったのは、夜中の3時でした。

    里帰り出産ではなく自宅の近所で産むことを決めていたのですが

    その症状が出る前日に出産前最後の実家への帰省をしていました。

    実家は電車で30分程度の場所ですが、ドアtoドアで考えると結構歩く場所です。

    運動を兼ねて、恐らく2時間程度は歩いて行ったと思います。

    実家では昔の考えを持った母親が、あれも食べろ、これも食べろ、
    と体重管理で制限している私に色々与え
    結果翌日に600g増えてとても焦りました。

    増えてしまったことが大変ショックだったので、
    また歩いて電車に乗って歩いて、自宅まで帰りました。

    その夜は歩き過ぎたこともあり体調が悪く、

    いつもしている半身浴をせずに軽めのシャワーで済ませました。

    また、食べ過ぎてもたれていたので
    食事も簡易的なものだけ食べて無理やり寝ました。


    そこで、こむら返りになったのです。

    急に左のふくらはぎがビーン!と張って動けなくなり
    激痛に飛び起きました。
    どうして良いのか全くわからなかったので、
    力づくで足を動かしたらようやく感覚が戻ってきましたが
    そこから4日間ほど階段の上り下りがきつくなるほど痛みが続きました。



    こむら返りになる原因は、
    血行不良
    栄養不足
    妊娠中の身体の変化で負担がかかる

    ということが挙げられます。

    私の場合、
    その日に食事をあまり取らなかったこと、
    休まずに歩き続け筋肉に負担をかけたこと、
    湯船に浸からないで、身体を温めず就寝したこと、
    と当てはまることだらけでした。


    そして、こむら返りになってしまったときは
    真っ直ぐ脚を伸ばして、ゆっくり手前につま先をひくのが正しい対処法でした。

    私は無理やりな方法だったので失敗してしまいました…。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中の変化は、思わぬところで体験することもありますので
油断せずに、毎日続けているルーティンを崩さず生活するのが大切だと思います。
0

妊娠36w前後の体験談

上へもどる