カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 出産当日に焦らない!今だから出来る呼吸法の練習
妊娠後期(8ヵ月以降)

[36w]出産当日に焦らない!今だから出来る呼吸法の練習 [妊娠・出産の体験談]

23183人に読まれました
2016-09-05 15:52
いざ出産!となった時に、うまくいきめるか、というのが私の中で不安に思う点です。

当日にうまくいきむ為には呼吸を安定させることが大事と知り、それから毎日行っている練習をご紹介致します。
  • 自分にあった呼吸法でトレーニングしています

    基本の呼吸法は、3秒×3秒です。
    鼻から3秒空気を吸って、口から3秒息を吐くというものですが、意識をすると結構厳しいです。
    普段いかに自分が適当に呼吸をしていたのかがわかります。

    そして陣痛が強まってきたら2秒間隔で、さらにピークでは1秒にしていかなくてはならないので毎日徐々に早めていっています。

    リラックスした状態でも難しいので、今から安定させることに慣れる重要性が感じられます。

    ひっ ひっ ふー

    という有名な方法の他に

    ふー うん

    という“うん”のタイミングでいきみを逃す方法があるので、自分にあった方法を事前にセレクトしておくと当日焦らないで済むと思います。
    ちなみに私はひっひっふーの方がやりやすかったです。

    他にも、ソフロジー法と言われているやり方で、長く息を吐くということに意識を向けて呼吸する方法があります。
    これはとてもリラックスできますし、どの方法も難しくて出来ない、という方にオススメです。

    私の場合は、ただ長く息を吐くだけだと吸うタイミングがわからずかえって呼吸が不規則になってしまったので、最初に記載した一般的なラマーズ法の方が向いていました。

    また、呼吸法を練習するにあたり重要なのが

    “腹式呼吸”

    です。

    人間は寝ると自動的に腹式呼吸になりますので、夜寝る前に膝を立ててひっひっふーを繰り返すとお腹への力の入り方を触りながら知ることができました。

    膝を立てないと特に臨月に入ってからお腹が重くて辛かったので、立てた膝の下にクッションを置くとより楽に呼吸ができます。

みんなへメッセージやアドバイス

練習することで本番強気で挑める!と信じて頑張っています。
0

妊娠36w前後の体験談

上へもどる