カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 安定期に行った日光旅行 ~旅行で気をつける3つのポイント~
妊娠中の生活

[18w]安定期に行った日光旅行 ~旅行で気をつける3つのポイント~ [妊娠・出産の体験談]

8155人に読まれました
2016-06-16 13:02
安定期に入った5ヶ月おわりごろ、主人と日光へ1泊2日の旅行に行きました。

念入りに計画と準備をしたつもりでしたが、
思わぬところで手間取ったり、体調を崩したりとハプニングもありました。。

その経験から、妊娠中の旅行を楽しむ3つのポイントにまとめました!
  • 【ポイント1】 母子手帳は持ち歩く!

    母子手帳、保険証、マタニティマーク…妊婦さんにとっては必需品です。

    これを忘れてしまう、ということはなかなか無いでしょうが、ポイントは持ち歩くこと!だと思います。

    私はこれらを大きな荷物とまとめてしまい、宿を出る直前で慌てて手持ちのカバンに移したのを覚えています…
    母子手帳などは、妊婦さん自身が必ず身につけておくようにしましょう!
  • 【ポイント2】 思わぬ体調の変化に注意!

    日光は晴れていて気温も涼しく、実に清々しい気持ちで観光できました!

    でもそのせいか、今までと違う体調不良が表れることもあります。
    (つわりが治まったので、油断もしていましたね…)

    私は旅行先でレンタカーに乗って移動していましたが、長く同じ体勢で座っていたせいで足のむくみと腰の痛みが酷くなってしまいました。
    旅行に行くまではほとんど無かった症状だったので、対処に困りました。

    つわりが治まっても、要注意です!
  • 【ポイント3】 予定通り行かなくても気楽に考えよう!

    下調べをしてせっかく入ったお蕎麦屋さん。
    もう大丈夫と思っていたネギの香りで、やっぱり気持ち悪くなった!

    …なんてことがありました
    (半分食べて、車で休みました)

    食べ物だとなかなか事前には分からないこともありますが、
    行く場所や入るお店も、体がイヤだな…と信号を出す場合があります。

    すべて予定通り行かなくても「まあいいや」と気楽に行きましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

気持ち悪い、暑い、寒い、だるい…など何かしら症状が出た時には、次の行動を決めるためにも一緒に行く人に隠さず伝えましょう!

私もそうでしたが、しばらく旅行なんて無理だろうと、予定を詰め込んでしまいがちです。
だいじょうぶ、赤ちゃんが生まれてからも旅行には行けます!

無理をせずお腹の赤ちゃんとの旅行をゆったり楽しんでください。
4

妊娠18w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる