カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 生後1か月での高熱の怖さ。
病気と症状

[0歳1ヶ月]生後1か月での高熱の怖さ。 [育児の体験談]

6245人に読まれました
2016-03-20 09:40
二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。
普通の風邪だと思っていたのですが、生後1か月で熱が出る事はほとんどないらしく、検査するために県立の病院へ行くよう紹介状を渡されました。
検査するだけだからすぐ帰れると思っていたのですが、そのまま入院となりました(*_*)
  • 髄膜炎?風邪?

    県立病院に着くと、すぐにいろいろな検査する為に入院してほしいと言われ、頭が真っ白になりました。
    上の子は保育園に預けていたので、その送り迎えなどで外出する事があったのでそのせいでこんな事になったのではないかと自分を責めましたが、それより早く元気にさせてあげたいと思いました。

    まず、血液検査をしたのですがまだ生後1か月で血管が細くて見えないから何度もやり直しさせられてずっと泣いていて心が痛かったです。
    血液検査をしても正確な原因がわからなくて、もしかしたら髄膜炎の可能性があると言われて、髄膜の検査をすると言われました。
    次の日髄膜の検査で背中から髄膜を取って検査をし、その結果、髄膜炎ではなかったので風邪と判断されました。
    熱が下がるまで入院して欲しいと言われ、1週間母子入院しました。
    その間ずっと点滴をしていました。
    母子入院だったので、旦那に上の子の保育園の送り迎えを頼んだり、友達にオムツを持ってきてもらったり、周りの人にすごく迷惑をかけてしまいました、、、

    1週間後無事に熱も下がって食欲も充分あったので退院できました。

みんなへメッセージやアドバイス

生後1か月が経つまで外出は控えておくべきだったと後悔しました。
上の子と同じように熱が出てもただの風邪と思わず、すぐに病院に連れて行ってよかったとすごく思います。
0

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる