カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. ファーストシューズ選びのコツ&失敗談
事故予防・安全

[0歳11ヶ月]ファーストシューズ選びのコツ&失敗談 [育児の体験談]

1383人に読まれました
2016-08-22 18:45
室内ではもう一人前に歩けるようになった!
あたたかくなってきたしそろそろお外デビューだ!

でもファーストシューズってどんなのを選べばいいの?
という方、多いのではないでしょうか。

ファーストシューズを選ぶ時のポイントをまとめました。
  • ◇やってしまった失敗談◇

    息子は甲高で、靴下も履いていたので大き目のものを、と思い12.5㎝の裏も皮になっているハイカットでマジックテープになっている靴を選びました。

    ちょっと大きかったのかつま先をすって歩くようにしていたので、すぐにつま先に穴が開いてしまいました。その後すぐにかかとにも穴が…。

    なので、次は12㎝のものを選び、裏は柔らかいゴムのものを選びました。
    1足目よりも通気性がよく歩いた後もそれほど蒸れて熱くなっていませんでした。

    家の駐車場(コンクリート)と道路(アスファルト)で3回遊んだだけで穴だらけになる靴って…笑
  • ◇ファーストシューズの選び方◇

    ・柔らかくて口が広く開いて履かせやすいもの
    赤ちゃんは足が柔らかく、お肉もついているので甲高な子が多いです。
    また、履かせるときに嫌がって指を丸めたりするので、入り口は大きめの方がいいです。
    マジックテープのものがおすすめです。

    ・柔らかい靴底
    大人と違い、歩き始めの赤ちゃんは前後左右に揺れながら踏ん張って歩きます。
    なので、できるだけ柔らかくて赤ちゃんの足にフィットするものを選びましょう。

    ・軽いもの
    裏がゴムで重い靴だと、履かせても重くて歩いてくれませんでした。
    13センチ以上の靴はしっかりして重いものが多いので、初めて履くにはちょっと向いていないかもしれません。

    ・赤ちゃんの足より5mm大きいもの
    すぐに大きくなるから大き目のものを…とお考えの方も多いと思いますが、大きすぎると歩きにくく、足が上がりづらいのでつまづいて転びやすくなります。
    逆に小さくても窮屈で歩きにくく、泣いてしまうので5mm大きめがちょうど良いでしょう。

    ・通気性の良いもの
    赤ちゃんは大人以上に汗っかきです。
    少し歩かせただけで靴の中がすぐにムレムレになったので通気性のいいものが良いと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんにとって歩きやすくて履き心地の良い靴を選んであげることで、行動範囲も広がりお母さんのストレス発散になることもあります。

外出時にずっと抱っこだったのが歩いてくれるようになると、お母さんの負担もだいぶ減ります。

靴を履いてお出かけ♪楽しみましょう♪
0

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる