カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 時間外の子供のケガや急病
ケガ・応急処置

[1歳0ヶ月]時間外の子供のケガや急病 [育児の体験談]

493人に読まれました
2015-07-21 12:42
診察時間外の子供の急変。とっておきの対応サービスをご紹介します。
  • 診察時間外の子供の急変

    休日や夜間などの病院の診療時間外にお子様が体調不良に
    なったり、ケガをしたりということはよくあると思います。
    特に夜間の発熱は頻度も高いと思います。
    そんな時に救急外来に行こうか、夜間対応病院に行こうかと
    悩まれると思います。
  • 救急外来のメリットとデメリット

    救急外来に行けばドクターの診察を受ける事ができるので
    親としては安心できると思います。
    でも、待ち時間は長く、診察後には、また平日診察に…
    と言われるケースがほとんどだと思います。
    そして夜間なので大きな病院ほど小児科医でなく他の科の
    ドクターが診察することもしばしばだと思います。
    更にこわいのが、月齢の低い抵抗力や免疫力のまだ低い
    赤ちゃんの場合、待っている間に他の病気をもらってしまう
    という可能性もゼロではありません。
  • 意外と知られていないサービス

    診療時間内でも時間外でもお子様に何かあれば育児本を開き
    お子様の症状と照らし合わせてあたふたしたりすることも
    特に初めてのお子様だとあると思います。
    我が家では子供がそんな診療時間外にケガをしたり嘔吐や発熱
    様子がおかしい時にはまずあるサービスを利用しています。
    それは厚生労働省の行っている「小児救急電話相談」です。
    システムは簡単で全国どこからでも「#8000」
    で電話をかけると住んでいる都道府県の窓口に電話が
    繋がり、電話口で対応してくれるのは小児科医や看護師なので
    これまでのお子様のケガや病状の経緯等を説明すると
    自宅でできるケア方法や受診すべきかどうか等の適切な
    アドバイスを受ける事ができます。
    専門医なので親も安心することができるし、体調不良の
    お子様をいち早く少しでも楽な状態にしてあげられます。

みんなへメッセージやアドバイス

意外と知られていないサービスですがとても便利なので
もしお子様に何かあった際に、ご利用してみて下さい。
1

上へもどる