カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 予定日超過…私が赤ちゃんを下げるために行ったこと
妊娠後期(8ヵ月以降)

[40w]予定日超過…私が赤ちゃんを下げるために行ったこと [妊娠・出産の体験談]

21389人に読まれました
2016-08-05 15:53
予定日を過ぎると、つい焦ってしまいます。
いくら赤ちゃんのタイミングで生まれてくる、と聞いてもどうしてもソワソワしてしまいます。

また私は予定日を過ぎているのに
おしるし無し、
胎動激しく、
前駆陣痛無し、
お腹は下がってない

全て当てはまっていました。

そんな時に気持ちを落ち着かせるために、毎日私がしている2つの行動についてまとめました。
  • お腹が張るまで歩く

    今までウォーキングをするときにはお腹が張ったら休んで、とにかく休み休み歩く、ということを続けていました。
    ですが、ここまできたらお腹を張らせよう!と決めて、お腹が張っても痛みがなかったらそのまま歩いて赤ちゃんを下げられるように動きました。

    どしどし、と歩かないように颯爽と、軽快に歩くようにしていました。

    また、大股で歩いて骨盤を広げるイメージで歩くように心がけていました。

    臨月に入ってから、更に股関節が柔らかくなったような気がします。
  • 反り腰にならないように生活する

    妊娠中はお腹の重みでバランスを取ろうと身体を後ろに反らせがちになります。

    実際私も常に反らせて生活をしていたので、腰痛の症状も出て夜寝る際に大変でした。

    また身体を後ろに反らせると、赤ちゃんは降りてきにくくなるそうです。

    余りにも猫背になってしまうのも身体を歪ませてしまうかもしれませんが、スーパーなどの階段を上る際は極力前かがみになって下に重力をかけるイメージで過ごしていました。

    その効果もあってか、毎日写真を撮り続けているのですが数日で下がった感覚がありました。

    下がると、赤ちゃんの胎動の手足の位置が変わるので、それを目安にして重力を活かしてみるのもいいかもしれません。

みんなへメッセージやアドバイス

無理は禁物ですが、お腹が下がらないことには赤ちゃんの顔も見られないので必死で取り組んでいます。
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる