カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. ベビーカーで電車に乗るということ
おでかけ

[1歳4ヶ月]ベビーカーで電車に乗るということ [育児の体験談]

301人に読まれました
2016-04-11 01:13
不定期ですが仕事のため、電車に乗ることがあります。
職場に託児システムがあるので、3歳1歳の子供を連れて行っています。
子供二人分の着替えやおむつ、お弁当に水筒、自分の仕事道具・資料を詰めこむと大きなトートバッグだけでは足らずリュックも背負い、前には息子を抱っこ。駅から職場までもそれなりに距離があるので、3歳の息子が往復歩くとも限らず、そうなるとベビーカーは必須。
夫の出勤時間を調整できるときは一緒に乗ってもらい、ベビーカーはたたんでいますが、私一人のときは上の子はベビーカーに座ったまま乗車しています。

ピークは避けているとはいえ、まだまだ通勤ラッシュの時間帯に電車移動しなくてはならず、非常に肩身が狭いです。前に抱っこ、後ろはリュックでは体の向きを変えるだけでも、誰かにぶつかってしまいます。
本当なら、当日届くメールチェックも移動中に済ませたいところですが、子連れ乗車でスマホなんていじってようものなら批難ごうごう浴びそうで・・・。
中には、親切にちょっとスペースを開けてくれたり、声をかけてくれたり乗降の時に手を差し伸べてくれる方もいますが、たいていは無関心です。
まあ、あからさまに迷惑顔をされて舌打ちでもされようものなら、心が折れてしまいそうなので、これはこれでいいのですが。

ベビーカーでの公共の交通機関利用に関しては、最近物議を醸しているのは重々承知のうえで、私なりに最大限気を使って乗っているつもりです。幸い子供たちも車内でぐずったり騒いだりもしないので、本当にこれには救われています。
職場の最寄駅に着いた時には、張りつめていた気持ちが抜けていくのがわかります。
正直、毎日じゃないから続けていられます。
私のような状況を毎日続けている方も絶対どこかにいるでしょう。

少々短絡的なのかもしれませんが、はたらくパパママが子供を連れて大荷物と共に出勤することも周囲に寛容に受け止められたら、子どもの預け先の選択肢だって増えるだろうし、待機児童問題の改善にもつながっていくのではないかな~と思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

同じように、子連れで通勤するパパやママ、何かと大変ですけど、お互い頑張りましょうね!
1

上へもどる