カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. お風呂上がりの15分間を活かす!妊娠後期で母体ダイエットする秘訣
妊娠後期(8ヵ月以降)

[40w]お風呂上がりの15分間を活かす!妊娠後期で母体ダイエットする秘訣 [妊娠・出産の体験談]

8642人に読まれました
2016-09-02 15:23
妊娠中期まででおよそ8kg以上増えてしまった私は、産婦人科の先生に直ぐ「これ以上は1kgも増やせません」と注意を受けました。

そんな私でも、妊娠後期、しかも臨月に入ってから赤ちゃんの体重は減らさず母体のみを減らすことができました。

その方法についてご紹介致します。
  • お風呂上がりのスクワット

    運動は中期から後期にかけて積極的に行っていました。

    特にお風呂上がりの身体が温まっている時に、スクワットを10回ゆっくりやることを意識し始めたところそこから1kg減らすことができました。

    バランスが取れず後ろに転びかけてしまう時もあったので、手を真っ直ぐ前に出して行うか、もしくは壁に掴まりながら行なうとやりやすいです。

    ポイントはゆっくり行なう、ということだと思います。
  • お風呂上がりにストレッチ&ツボ押し

    股関節や骨盤を柔らかくして出産をスムーズにさせるためにストレッチを毎日しました。

    方法は、座った状態で脚を開いてつま先に手を付けてゆっくり体重をかけていくものです。

    また脚がとても浮腫みやすかったので、足首を右左に回していました。

    猫背になりやすかったので立った状態で手を後ろで組んで、上を向いて首を伸ばしたりもしていました。

    予定日超過してからは、陣痛を促進するツボである三陰交などをゆっくり刺激して、そのまま寝ると翌朝スッキリ&体重も落ちていることが多かったです。
  • もちろん食事にも気をつける

    運動やストレッチを続けても食事に気を付けなくては意味がなくなってしまうので、もちろん食事にも気をつけていました。

    臨月に入ってからは、6時半以降に夕御飯を取ったことは一度もありませんでした。

    子供のためにも母体を増やさないよう必死だったので特に苦痛に感じませんでした。
    また、1週間続けると身体が慣れてそうしないと胃もたれして寝られないくらいに体質が変わりました。

    具体的には、毎日必ず玄米ご飯と汁物を3食取って、消化のいい野菜とタンパク質をプラスしていました。

    妊娠後期は便秘知らずでしたし、ドカンと増えることもなかったので安定していました。

    お菓子は昼間に気にせず食べていましたが、基本的にスッキリする300kl以下のアイスを食べていました。

みんなへメッセージやアドバイス

ウォーキングだけでは母体が減らない…という方にお勧めです。
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる