カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. みんなのインタビュー >
  4. 育児中の災害・震災 >
  5. たけママさんの体験談[育児中の震災] 被害という程ではないが、棚から物が落ちて...
育児中の災害・震災

[1歳7ヶ月]たけママさんの体験談[育児中の震災] 被害という程ではないが、棚から物が落ちて... [育児の体験談]

by たけママさん
554人に読まれました
2016-08-26 14:59
  • Q1.震災が起きた時のお子さんの年齢を教えてください

    1歳7ヶ月。
    そして、二人目を妊娠中でした。
  • Q2.どのような被害を受けましたか?

    被害という程ではないが、棚から物が落ちて部屋が散乱しました。
  • Q3.震災が起きた時、どこでなにをしていましたか?

    私は、自宅の2階でDVDを見ていました。
    私のそばで、子供は、スヤスヤお昼寝中。
    他の家族は、仕事に行って誰も居なくて、とにかく怖くて膝がガクガク震えました。
  • Q4.育児中に被害を受けて困ったことはなんですか?(ミルクが作れない、オムツが足りない、子供との避難所生活など)

    幸運な事に、水道は使えたが、オール電化の為、一切電気が使えなかった。

    ご飯は、なんとか準備できたが、お風呂に入れてあげられないのがかわいそうだった。

    9人分の洗い物を、冷たい水で洗うのが辛かった。

    夜は、リビングだけ発電機で豆電球のかすかな電気をつけていたが、他の部屋は真っ暗で、子供が「怖い!怖い」と騒いで不安がった。
  • Q5.困ったことに対してどのような対応をしましたか?

    石油ストーブが一台あったので、上に鍋を置いて、お湯を沸かしてカップラーメンを作ったり、味噌汁を作ったりしました。
    ガスが使える親戚のうちから、炊いたご飯をいただきました。
    本当にありがたかった。

    電気が戻るまで、夜暗くなったら寝て、夜明けと共に起きる生活でした。

    大きなタライにお湯と水を入れて、子供の体を洗ってあげました。

    お風呂に入れなくて頭が痒くなったので、やかんのお湯と水を洗面器に入れて、髪を洗いました。
  • Q6.準備しておけばよかったと思ったもの、ことはなんですか?

    カセットコンロのガスが少ししか買い置きがなくて、すぐに無くなってしまった。

    食料やオムツを買いに行くための、ガソリンがとにかく入手できなかったから、ガソリンが欲しかった。

    非常食をもっと準備しておけば良かった。
  • Q7.災害時に役に立ったものなどがあれば教えてください

    発電機、石油ストーブ、カセットコンロ
  • Q8.助かったこと、救われた出来事などがあれば教えてください

    自宅に、私と子供以外に誰も居なくて、妊娠中だし、とても心細かった。

    余震が続き、あまりにも怖かったので、子供を毛布にくるんで抱っこして、隣の家の一人暮らしのおばあちゃんの家に、結婚して以来初めてお邪魔しました。

    余震で揺れる中、優しく家に入れてもらい、おばあちゃんと会話する事で、大分落ち着く事ができた。

    ご近所さんが居て、本当に良かった。

    連絡がとれなかった実家の両親が。心配してわざわざ来てくれたのが、本当に嬉しかった。
  • Q9.震災支援(寄付、支援物資など)で嬉しかった・助かったこと、ものを教えてください

    旦那の会社から、カセットコンロのガスボンベと食料をいただき、大変助かりました。

    実家の両親が心配して来てくれて、石油ストーブで焼いた焼き芋と、入手しにくいガソリンを持ってきてくれました。
0
上へもどる