カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. みんなのインタビュー >
  4. 育児中の災害・震災 >
  5. ちびははさんの体験談[育児中の震災] 自宅にいました。子どもの友達が大勢遊びに来てい...
育児中の災害・震災

[3歳]ちびははさんの体験談[育児中の震災] 自宅にいました。子どもの友達が大勢遊びに来てい... [育児の体験談]

474人に読まれました
2016-04-22 12:49
  • Q1.震災が起きた時のお子さんの年齢を教えてください

    長男が9歳、次男が5歳、三男が3歳です。
  • Q2.震災が起きた時、どこでなにをしていましたか?

    自宅にいました。子どもの友達が大勢遊びに来ていましたので、合計9人の子どもと一緒に震災を経験しました。
  • Q3.どのような被害を受けましたか?

    建物に被害はありませんでした。家具から物が落ちたり、壁掛け時計が落ちて破損した程度です。ただ、その後の物流が滞り、コンビニやスーパーから品物がほとんど消えてしまい、食料の確保に困りました。
  • Q4.育児中に被害を受けて困ったことはなんですか?(ミルクが作れない、オムツが足りない、子供との避難所生活など)

    食料の確保です。物流が滞ったことで、コンビニやスーパーに品物が入荷しなくなってしまいました。震災直後は、情報がつかめなかったことと、余震におびえていたので、買い物に行くことを思いつきませんでした。最初に出遅れてしまったので、気づいたときには、コンビニの棚は空っぽでした。あとは、飲み水も売り切れてしまいました。あと、洗濯物が外に干せなくなったことも困りました。
  • Q5.困ったことに対してどのような対応をしましたか?

    幸い停電はせず、冷蔵庫が使えましたので、その時点で冷蔵庫に入っていたものを、少しずつ使いながら生活しました。あとは、友人たちと情報を共有して、どこで何が入荷した、どこでお水が買える、など、情報交換を密にして対応しました。洗濯物や布団は室内に干して対処しました。
  • Q6.準備しておけばよかったと思ったもの、ことはなんですか?

    長期保存できる食料、お米、お水やお茶などの飲料水を、ある程度確保して買いだめしておくことです。あと、停電の恐れがあったので、懐中電灯を利用するのに、乾電池のストックがあまりなく、店頭でも売り切れていたので、乾電池(特に単1)を買いだめしておけばよかったと思いました。
  • Q7.災害時に役に立ったものなどがあれば教えてください

    卓上用のカセットコンロ、手回し発電できる懐中電灯やラジオ、ヘッドライト、寝袋、室内に洗濯物や布団を干せる物干しスタンドなど。
  • Q8.助かったこと、救われた出来事などがあれば教えてください

    近くに住む友人たちとの連絡網です。特にどこに行けば何が買える、という情報を、お互いに見つけたらメールで発信しあっていたので、必要な情報が早く受け取れて、みなで助け合って食料を確保できました。
  • Q9.震災支援(寄付、支援物資など)で嬉しかった・助かったこと、ものを教えてください

    被害が甚大な地域ではなかったので、救援物資や寄付などは特に受けていません。
0

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる