カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 仕事が救った過酷なつわりの日々
つわり(悪阻)

[10w]仕事が救った過酷なつわりの日々 [妊娠・出産の体験談]

591人に読まれました
2016-05-13 22:02
あー今思い返しただけでも、気分が悪くなる そんな私のつわり体験。
当時つわりの体験記事を読みあさっていた私なので、今つわりと戦ってる人の気分は痛いほど分かる。

それは、妊娠発覚から間も無くして7週から始まった。急にやってくる激しい吐き気と、嘔吐、異常に敏感になる嗅覚に食欲低下、常にある胃のむかつき。目が覚めてウエ〜!っとトイレに駆け込むことも何度あったか。。一時期歯磨きすら出来なかった。

体重はみるみる減って4キロ減し、顔がこけた。
ひどい日は、スイカだけ、そうめんのみ、梅干しおにぎりと言った淡白なものしか食べられない日々が続いた。水分は麦茶が飲みやすく毎日飲んだ。

こんな母体の状況でもエコーで見るお腹の子供はすくすく育っていたので安心できた。

そんなひどいつわりの中、私は1日も仕事を休まなかった。
朝は気分悪いものの、仕事が始まると仕事のことがいっぱいで気分がまぎれるせいか、つわりの酷さは薄れた。しかも、保育園で働いている私は、家だとご飯の匂いや、肉の匂いに嗚咽しているのに、子供達とはなぜか一緒に給食を食べることが出来たのだった。これは本当に不思議。
おかげで栄養はしっかり保育園で取ることが出来たし、適度に仕事をする事で、つわりの酷さが軽減されたのだった。
逆に仕事が終わって帰宅してから、週末ゆっくりしている時にひどくなるつわりの症状。ご飯も作れない、食べられない。。
気が休まる時に余計に敏感になるのだと私は思った。
つわりよ、早く終われ終われ!と何100回、何1000回願ったことか。ひどいつわりは14週まで続き、その後少しづつ軽減していった。
そんな私も今じゃ18週で、つわりはまだ100%終わってはいないが、前に比べたら十分に楽になった。
ご飯も食べられるようになったし、胎動を感じ始め膨らんだお腹も愛おしく感じられる今日この頃だ。

みんなへメッセージやアドバイス

辛い時期は近いうちに過ぎると信じてください!
気分が悪い時は無理して食べる必要は有りません。
赤ちゃんはしっかりと育つし、余計に気力や体力が消耗するだけです。
私は安静にし過ぎるよりも、忙しい方がつわりが楽になるポイントだと思います!実際働いてない週末はまるで寝たきりの病人でした。
1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる