カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 出産その1*計画出産で内服の陣痛誘発剤使用
出産

[40w]出産その1*計画出産で内服の陣痛誘発剤使用 [妊娠・出産の体験談]

1414人に読まれました
2016-04-07 15:50
私はpupppの影響で計画出産となり、内服の陣痛誘発剤を使いました。薬を飲んでから陣痛がつくまでの様子を書いてみたいと思います。
  • 入院

    朝、指定された時間に病棟に行き、入院計画について説明を受けてから同意書にサインをしました。入る予定だった個室がまだ空いていないという事でまずは大部屋に入り、NSTでお腹の張りを調べます。
    いちおう定期的に張ってきてるね~。との事。内服は一時間に一回ずつ、一日最大6錠まで。今日だめだったら明日は点滴に切り替えますと言われ、なんとか今日中に陣痛をつけたい!と息巻いて薬を飲み始めました。
  • 階段を降り、病棟内をウロウロ。

    看護師さんから、「薬を飲んで20分くらいたつと下腹部がぎゅーっと硬くなり痛みが出てきます。そうしたらできるだけ動いてください」と言われました。
    私の場合、はじめの1.2錠は特に痛みはなく、ぎゅーっと硬くなるなぁという感じだけでした。

    8階の産婦人科病棟からひたすら階段を降り、病棟の廊下をウロウロ。すれ違う看護師さんたちに励まされながらひたすらウロウロ。
    そうこうしているうちに御昼ご飯の時間となり、出てきた昼食を元気に完食しました。
    向かいのベッドには陣痛中の妊婦さんがおり、食事には全く手をつけられない様子でした。この時は、自分がそうなる事がまだ想像できませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

1日目の誘発剤で陣痛がつかなければ、翌日点滴で陣痛促進剤を打ちます、と言われていました。ネットの情報などから、促進剤の点滴は無理やり陣痛を付けるためかなり痛いとみていたためビビり、早く産みたくて必死に運動しました。
2

妊娠40w前後の体験談

上へもどる