カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 経費削減・消毒容器
出産

[37w]経費削減・消毒容器 [妊娠・出産の体験談]

1616人に読まれました
2015-07-23 09:41
意外と高い消毒容器を格安で買って使いませんか?
  • 消毒液の容器

    哺乳瓶などの消毒専用容器は出産準備品のなかでも必要性の
    高いものだと思います。
    市販されているミルトンやビーンスターク等色々なメーカーの
    ものがありますが、大体お値段としたら1500円以上から
    それぞれといった感じです。
    母乳育児をお考えの方にはちょっともったいない気もします。
  • 格安で容器を購入

    どうせ購入するならその後も使えてより安い方がいいですよね。
    そこで、我が家は百円ショップで横型の米びつを購入しました。
    消毒液の調合には500mlのペットボトルを準備して、
    そこに水をいれれば必要な容量を計測して調合できます。
  • 米びつの使用方法

    使い方としては哺乳瓶は横に倒して、中の空気を抜いて
    使用して下さい。
    調合用のペットボトルも同じように空気を抜けば
    消毒できて衛生的に利用できます。
    哺乳瓶が大きくなれば縦長の市販のタイプだと
    必要になる水の量も増えてきますが、
    横長タイプの米びつだと200mlの哺乳瓶もばっちり入ります。
  • 活用方法

    母乳育児をお考えの方にとっては無縁な商品に思われるかも
    しれませんが、搾乳した母乳を哺乳瓶で与えるという事も
    あると思います。
    そして、哺乳瓶の消毒以外でもこの消毒液はかなり使えます。
    哺乳瓶を消毒した後、液をそのまま捨てるのは
    もったいない気がするので、私は大人用の布巾やまな板等の
    消毒に活用していました。
    赤ちゃんが歯固めのおもちゃで遊ぶようになったら
    それを消毒するのに使っていました。
    離乳初期にも我が家はジメジメした時期だったこともあり
    離乳食作り用の小さなまな板や食器類も消毒するのに
    利用していました。
    消毒の必要がなくなったら、本来の目的用途である
    米びつとして使用したり、赤ちゃんの靴下や小さなおもちゃ等
    収納として使用されても透明なケースなので
    活用方法は様々だと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

少しでも予算を削って出産準備をお楽しみ下さい。
1

妊娠37w前後の体験談

上へもどる