カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 赤ちゃんに読み聞かせをしよう
遊び・あやし

[0歳3ヶ月]赤ちゃんに読み聞かせをしよう [育児の体験談]

397人に読まれました
2015-07-23 12:28
子どもとの大事なコミュニケーション、読み聞かせ。
  • いつからすればいいの?

    赤ちゃんが三ヶ月くらいになると、笑ったりといった反応が増えてきますよね。
    育児も少し慣れてきたころ、反応があるとより我が子の愛しさが増えてきます。
    視力はそのくらいからだんだんとしっかりしてきて焦点が合ってくるようです。

    筆者の子どもは三ヶ月から読み聞かせを始めました。
  • どんなふうに?どんな本?

    まだお座りが出来ないので、下に寝かせて隣にママやパパも横たわって読み聞かせをしていました。

    反応は「カーーーッ!」「キーー」などと発声して足をばたつかせ喜んでいる様子でした。

    まだぼんやりしか見えていない場合もあるそうので、なるべくカラフルな絵本を見せていました。

    お勧めは、「じゃあじゃあびりびり」や、「しましまぐるぐる」などです。
    言葉が単純でリズム感があります。
    その他、「くっついた」も、絵が可愛くてほのぼのしていて癒されます。
    三浦太郎さんという作家なのですが、彼のシリーズは沢山出ていて、最後のあとがきにはパパとしての心情が書かれており、ほっこりする内容です。
    「なーらんだ」「おうちにかえろ」もお勧めです。

みんなへメッセージやアドバイス

絵本のあるコミュニケーションを習慣化して、ずっと続けたいものですね。
2

上へもどる