カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 子宮筋腫手術当日!☆まろうの妊活7☆
妊活

子宮筋腫手術当日!☆まろうの妊活7☆ [妊娠・出産の体験談]

341人に読まれました
2015-07-24 18:24
子宮筋腫の手術の当日。あっという間に終わった感じもありましたが、それなりに緊張もしていたようです。そんな当日の様子をまとめました。

  • いよいよ本番!手術室へ…

    手術当日。しっかり寝れましたが、やはり少し緊張していたのか、結構早起きしてしまいました。
    他の患者さんはまだ寝ているので、また寝ようとしうつらうつらしていると看護師さんがカーテンを開け、検温と血圧を測りに来ました。

    手術は朝の9時からで、昨日の12時から水も飲んではいけなかったので喉カラカラでお腹もすでに空いていました。
    他の患者さんのご飯の匂いに耐えつつ、様子を見に来る何人かの看護師さんや、お向かいのおばあちゃんととお話していると旦那さん到着。手術着に着替えたところくらいで実家からはるばる家族も到着。
    他愛もない話をしていると程なくして看護師さんが時間ですよーと呼びに来ました。

    手術室に入る手前まではみんなと一緒。手術室に入る大きな扉の前でみんなとお別れ。ほとんど話す暇もなく中に入ると、先生が待っていて、

    「おはよう^^始めるぞー!」

    と結構ラフな感じ。こんな感じなのか…とあっけにとられているうちに、手術台に乗せられ、何やらいろいろ管を付けられました。
    ちょっと脈が速く、先生に

    「なに、緊張してるの?」

    とからかわれました。そしてあっという間に麻酔の先生から

    「じゃあ、麻酔入れていきますよー」

    と言われ、麻酔注入。以前怪我で何針か縫った時、麻酔がまったく効かなかったのですが、案の定今回もなかなか効かず。
    何秒かで意識がなくなるそうですが、私は何分かかかりました。
    なかなか効かない私は、先生に意識があるか確認するため頭をとんとんと叩かれて、ちょっとムッとしながら、

    「まだ起きてます!」

    といったのを覚えています。
    それからふわーーっと意識が薄れていきました。
  • 手術後。空腹が痛みに勝つ!

    次に意識がもどったのは、「まろうさん、終わりましたよー」という看護師さんの声を聞いて起きたときでした。
    私、生きてる!!(大げさ^^;)とまず最初に思いました。

    そのときはまだ手術台で、先生から、

    「全部で5つ、小さいのがとれたよ、無事終わったよー」

    と言われ一安心。だいたい3時間弱の手術だったようです。

    まだ麻酔が残っていて意識はあるけどなかなか目が開かず、病室に行く途中ずっと、目が開かないー!と言いながら手で目をこじ開けてました(笑)

    病室に入ると結構意識も戻って目も開いて、普通に話せるようになりました。
    旦那さんや家族に、

    「大丈夫?痛い?」

    と言われましたが、麻酔も切れてきているはずなのに、ジンジンする程度でそんなに痛くなく、いつもの生理痛の方が痛かったくらいです。
    それよりもお腹がすきすぎて、

    「お腹空いたー(;_;)」

    とずっと言っていて、みんな失笑していました。

みんなへメッセージやアドバイス

手術後、少し熱もあったので、そのままひたすら寝ました。
夕方になり、床ずれしないように頑張って自分で体制変えてみてね、と過酷なことを言われ、傷口におびえながら頑張りました。
痛みもわりと強くなってきましたが、それよりもお腹が空いている方が辛く、そのおかげで痛みを乗り切れた気がします。

こうして人生初の手術は無事成功しました。
3

上へもどる