カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 刺身やウナギ、レバー…妊娠中にできれば控えた方が良い食べ物は?
妊娠中の生活

[15w]刺身やウナギ、レバー…妊娠中にできれば控えた方が良い食べ物は? [妊娠・出産の体験談]

13906人に読まれました
2016-06-16 14:54
はっきりダメと言われている食材のほかにも、控えた方が良い、とされているものがいくつかあります。
  • 刺身(生もの全般)

    妊娠の本などでは、お刺身など、生もの全般は、できれば控えた方が良い、としている食材のひとつだと思います。

    刺身自体に問題があるわけではなくて、生ものはお腹を壊しやすいから、控えましょう、という意味合いだと思います。

    金目鯛やマグロなどは、水銀の含有量が比較的高いので、過剰摂取は控えるように言われていますね。

    目安としては、金目鯛、クロマグロが1週間当たり80gまで、マカジキが1週間当たり160gまで、です。
    1週間に2回くらいまでが目安です。

    私は、刺身に関しては、気にせずに食べていたと思います。
    地域柄、毎日食べられるわけでもありませんし、食欲もたいしてなかったので、ごくごく少量のみです。
  • ウナギ・レバー

    本によってはダメだと言われているのが、ウナギです。

    でも、それはウナギでもまったく別物「ヤツメウナギ」のことを指しているのではないかと思います。
    ビタミンAの含有量が他の植物に比べてとびぬけて高いので、胎児に影響が及ぶ可能性がありますので、ダメってことですよね。

    妊娠中、1度だけウナギを食べに行きました。
    それから後になって、ダメと書いてあるサイトを見つけてちょっとびっくりしましたが、
    普通のウナギやレバーなどに含まれるビタミンAは、毎日たくさん食べるわけでもなければ、問題ないと調べて分かったので、ほっとしました。

    ヤツメウナギって、見たことさえないかもしれないですね・・
2

妊娠15w前後の体験談

上へもどる