カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. アラフォーの妊活 ~妊活をしている人への対応~
妊活

アラフォーの妊活 ~妊活をしている人への対応~ [妊娠・出産の体験談]

483人に読まれました
2015-07-24 15:20
子どもが欲しい、と思ったのがかなり年を取ってからでした。周囲には、子どもができたり、欲しいといった人たちがいました。どう対応すればよかったのか、今になって悩みます。アラフォーの昔話です。
  • 妊活以前の話

    37歳ごろになって、本能のせいかどうか「子どもが欲しい」とようやく思うようになりました。

    それまでは、子どもは好きでも嫌いでもなく、自分が子どもを持つという事に関してまったくピンと来ず、考えることもしないまま、
    ぼんやり貴重な時を過ごしていたと思います。

    妊娠が遅くなった原因として、キャリアウーマンが仕事をバリバリこなしていて、出産どころではなく、
    リミットが近くなって、子どもを希望するようになったといったことが挙げられますが、
    ただひたすらぼけーっとしていただけの人もいます・・・

    20代に入ると、周囲の友人、知人、会社の人などは、子どもを順調に出産していきました。
    30代になると、子どもがまだいないけれども、欲しいと思っている人、妊活をしている、という人を見聞きする機会が増えてきた、と思います。
  • 実際に妊活をしようとしてやっと気が付いたこと

    はっきり、今不妊治療をしている、という方と仕事で一緒のときがありました。
    不妊治療のことは、意味もよく分からなかったので、
    聞き流すだけで、特に質問もせず、励ましなどもしなかった、と思います。
    その後、特に連絡を取る仲ではなかっので、その人は授かったのかどうかは分かりません。

    また、妊活をしている、とは聞いたわけではないものの、子どもが欲しい、という話をたことがある人もいます。

    当時、失礼な対応をしていなかったか、彼女たちに何かふと変なことを言って傷つけなかったかな、と今更ながら気になります。

    また、現在子どもがいる状態で、子どもが欲しいと思っている友人へ、どういう対応をすればよいのかも、分からずにいます。下手に気を使わない方が良いのでしょうが、
    妊活をしている、という方に対して、どういう対応をすればよいのか、というのは、かなり難しい問題だと思います。

1

上へもどる