カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. マタニティーマーク
妊娠中の生活

[24w]マタニティーマーク [妊娠・出産の体験談]

957人に読まれました
2015-07-25 22:37
2006年に‘お母さんと赤ちゃんに優しい社会を作りたい’という思いから作られたマークのようです。
もしもの時に救急隊員など周囲が妊婦であることを理解し、適切な処置を行うためのマークです。
決して、「妊婦だから席を譲ってください」という意味ではありません。
しかし、どうしても妊婦だから席を譲ってという解釈をしている人が大半のようです。
実際、このマークを付けているがために、電車などで心無いことを言われたり、暴力を受けたりされる方もいるようです。幸い私はそのような経験はまだありませんが、子供が欲しくてもできない方や、妊婦が優遇されるような状況に納得いかない方にとっては目障りなマークとして映ってしまうのかもしれません。
そのような中傷を受けないために、マタニティーマークをつけない妊婦さんもいるようです。
公共の場ではお互いが思いやりの対応ができるといいなと思います。
  • 優先席

    電車に乗って優先席の方へ進むと席が埋まっていました。シートの前は真ん中しか立つスペースがなかったので、3列シートの真ん中の席の前に立つと、座っている方とふと目が合ってしまい、座っていた方も半ば仕方なくといった感じで「よかったらどうそ」と席を譲ってくださいました。
    割と長い時間電車に乗る予定だったので正直助かりました。
    ご厚意に甘え座ると、その女性は立ちながら新聞を読み始めました。その方は長いこと立っていました。
    私の隣のサラリーマンは平然とスマホをいじっているし、もう1人の隣の若い男性は寝てるし。
    私が電車に乗ったとき立っていた他の女性は反対側の優先席が空くなり、周りの方の方が年配っぽいのにさっさと座って化粧を始めました。
    結局私に席を譲ってくださった女性の方がいつまでも立っている形となってしまいました。
    しばらくしてその女性も席に着くことができ、私もほっとしましたが、席を譲ってくれた人が損をしたような気がしてとても悲しくなりました。
    妊婦だから席を譲ってよ!なんて思っていないし、優先席に座っている方たちも事情があったかもしれない。
    何か難しいな…と感じた出来事でした。

みんなへメッセージやアドバイス

思いやり、譲り合いで快適な暮らしを確保できるといいなと思います。
1

妊娠24w前後の体験談

上へもどる