カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おねしょ対策 >
  4. おねしょがなおらない、、、
おねしょ対策

[2歳]おねしょがなおらない、、、 [育児の体験談]

1011人に読まれました
2015-07-26 21:55
保育園に通っていた息子は、保育園の意向で2歳からトイレトレーニングをしてくれたおかげで日中は早い時期からおむつを卒業しパンツで過ごすことができるようになりました。
オムツによるお尻かぶれもなくなり、このまま夜もオムツ無しでいけるかなぁ、なんて思っていましたが、甘かった、、、
そんな簡単にはオムツ卒業とは行きませんでした~_~;

3歳になる前には昼間は遊びに夢中になっていたりすると間に合わなかったりしますが、基本オシッコがしたいと自分から言ってトイレに行くようになりました。

問題は夜。。。
5歳までは夜だけおむつを履いて寝ていました。
それ以降は早くおむつが取れるようにとおねしょ覚悟でパンツで寝かせました。

パンツでお漏らしをすると冷たくて、それが嫌でお漏らしをしなくなるかなと思ったのですが、パンツにかえても変わらずでした。
そしておねしょの時間がだいたい決まっていました。
夜9時すぎに寝て、夜中1〜2時の間に一度、明け方5〜6時の間に一度。だいたい一晩で2回。
おねしょをして夜中シーツを替え、それを水洗いし、また明け方おねしょをされ、、、
ママとしてはかーなりきついです。
おねしょタイムがだいたい決まっていたので、私が起きられる時はおねしょをする前に起こしてトイレに連れて行っていました。

でもそれについては検診の際に先生から夜中に起こすことをやめるように言われました。

寝ているところを無理矢理起こすと、熟睡している間に分泌される〝抗利尿ホルモン〟の分泌が抑制されるそうです。
〝抗利尿ホルモン〟とは文字通り利尿を妨げる働きを持つホルモンのことであり、夜熟睡することで分泌量が増えるようです。

そして膀胱もおしっこをいっぱいに貯めることで大きくなるので、溜まる前にトイレに連れて行ってしまうと膀胱の成長も遅らせてしまうということです。

おねしょは、『叱らず』『焦らず』『起こさず』が良いのだそうです!
、、、私は今まで叱っていたし、焦っていたし、夜中に起こしていたし、全部やっちゃいけない項目にあてはまっていました。。

幼児期(5.6歳)のおねしょはまだ発達の途中で起こることなので、心配はいらないそうです。

実際、7歳になった今、まだたまにおねしょはしますが、1ヶ月に2〜3回かな。
疲れて寝てしまったりした時だけはまだ怪しいですが、それ以外はおねしょがなくなりました。
気長に付き合っていきたいと思います^ ^
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる