カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 食品添加物によるアレルギー。
病気と症状

[2歳]食品添加物によるアレルギー。 [育児の体験談]

579人に読まれました
2015-07-29 15:14
子供が2人いますが、特に上の子には食べ物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症などたくさんのアレルギー症状があります。

なんとかして症状を改善させたいと思いますが、食べ物アレルギーは大きくなるにつれてアレルギー数値が下がってくると言われているので待っていくか、負荷試験をして慣れさせていくか。
アトピー性皮膚炎はステロイドに頼るか?!
花粉症はその季節を耐えるしかない?!
、、、
色々考えてみましたが、一時的に薬で良くすることはできても改善はなかなか難しい、、、。

ある日雑誌で、〝食品添加物とアレルギー〟というテーマで特集されているのを見つけました!
衝撃でした!
今まで何気なく食べていたものがもしかしたらそこに含まれる添加物が原因でアレルギーを引き起こしている可能性があると。

食品添加物の中でも特に保存料や着色料について。

まず、保存料。
食べ物のパッケージ裏の成分を見て頂けるとわかると思いますが、本当に色々なものに入っていますが、細菌の繁殖を抑え食品を保存するものです。
醤油、マーガリンetc
化粧品にも入っていたりします。
安息香酸ナトリウム、パラベン、などといった添加物です。

次は着色料。
これも色々なものに入っています。
お菓子、ウインナー、ハム、アイスクリームetc
赤色◯◯号、青色◯◯号などといった添加物です。

これらには喘息を引き起こしたり、じんましんを起こす原因になりえるそうです。
アトピー性皮膚炎との関連もあるようです。
すべてではないですが、実験結果で報告されているものもあると。

私も色々と子供たちのアレルギー改善のために勉強中ですが、
食品添加物は避けられるのであれば避けたいものだということがわかりました。

これについてはお話し始めるとあまりにもたくさんあるのでまた次回にでも。

今まで食べ物の成分を気にされてなかった方、一度どういうものが入っているのかみてみられてはいかがでしょうか?


1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる