カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 赤ちゃんと犬との生活②
事故予防・安全

[2歳]赤ちゃんと犬との生活② [育児の体験談]

682人に読まれました
2015-07-27 02:00
犬と赤ちゃんとの生活、息子が動き出しお互いにいい環境が完成しました!
  • 一緒にはなれず…

    2匹のワンコと長男との生活で試行錯誤の結果、息子がトイレに進入しないように、ベビーサークルとワイヤーネットを組み合わせてワンコだけが通れるようにしていました。そしてしばらく落ち着いて平和な日々が続いていたのですが、弟ワンコの方が室内でマーキングするようになってしまいました。今までは自分のトイレで出来ていたのに息子が動きだし、縄張り意識が強くなったのか嫉妬もあるかと思いますが、お出かけ用の鞄や息子のおもちゃなどにもしていました。留守中など、帰るとマーキングしてたりするので、帰るとまずマーキングしないかチェックしては掃除していました。衛生的にもよく無いし、私もストレスに感じてきたのでどうしたらいいのかをまた考えることにしました。息子は伝い歩きをするようになっていて、小さいワンコ達もいつ倒れてくるか分からない息子と一緒の空間はヒヤヒヤしていたかもしれません。落ち着いて過ごせるワンコ達だけの縄張りと言うかスペースを作ってあげたほうが、犬や私のストレスが軽減されるのではないかと思いました。そして、リビングとダイニングが縦長なので半分にサークルで仕切るようにしました。サークルだけでは伝い歩きした息子が掴まると倒れるので、ワンコのケージや窓に荷造り紐でくくって固定しました。すぐそばにワンコがいる生活じゃなくなるのは寂しかったですが、ワンコ達も安心して過ごせてましたし、マーキングもしないしお互いに良かったです。アイコンタクトは出来るし、息子が寝た後に一緒に遊んだりしています。2歳を過ぎると上手に柵を越えられるようになり、ワンコ達も迷惑そうな時もありますが交流もできています。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる