カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 波乱万丈のタイミング法☆まろうの妊活13☆
妊活

波乱万丈のタイミング法☆まろうの妊活13☆ [妊娠・出産の体験談]

381人に読まれました
2015-07-27 15:07
不妊治療で、私が初めに行うよう先生に言われたのが、基礎体温をつけること。さらにこのタイミング法でした。

簡単にいうと、排卵日をある程度予測し、受精しやすい日にち・時間帯に合わせてセックスのタイミングをとるというもの。
もっとも自然で理に適っていますが、これが私は意外と気負ってしまって大変でした。

  • 最初は気楽に考えていましたが…

    だいたい排卵日予定の2・3日前に、受診し先生に卵胞の具合をチェックしてもらいます。順調に育っていて、20mm前後になっていると、

    「このままいくと〇日くらいに排卵するから、この日とこの日くらいにタイミングとってみるといいかも^^」

    と告げられ、タイミングをとる形でした。結構育っているのにまだ排卵していない時などは、排卵誘発剤を打ってもらい、もっと細かい時間指定の時もありました。
    これを現時点で計7回続けました。

    しかし、今まで排卵日など意識して仲良ししたことなんてなく、どう旦那さんに伝えればいいかわからずの私。
    それでも最初のころは病院に行った日は、旦那さんから、

    「今日なんて言われた?」

    と聞いてきたくれたので、タイミングをとる日を言いやすかったのですが、どうやら旦那さんは排卵日のその日だけタイミングをとればいいと思っていたようで、1日だけしかタイミングをとりませんでした。
    私も、無理してタイミングをとりたくなかったし、指定された日にち近辺で自然に仲良しできればいいなと安易に考えていました。

    しかし、そんな感じが2.3回続き、このころから毎回排卵誘発剤の注射も打ってもらうようになりました。
    決して安くはない注射を毎回無駄にしている感じがして、だんだん一人で焦ってくる私。
    私なりに誘ってみたりしますが、照れくさいのでふざけ半分になってしまい旦那さんにまったく伝わらず…(苦笑)。
    しっかりここらへんで話し合えばよかったのですが、普段から友達のような仲なので、あまりかしこまって話すのが得意でなく、ついつい言えずにいました。
    さらに、疲れて仕事から帰ってくる旦那さんに、この日とこの日タイミングの日だよ、なんて言いにくく、どんどん自分で抱え込んでいってしまいました。

みんなへメッセージやアドバイス

タイミング法を初めて4回目くらいの排卵日周辺で、私がついにパンクしてしまい、何も知らず寝ようとしている旦那さんに、「寝ないで」を連発。しまいには泣き出してしまいました。

びっくりした旦那さんが起きて「どうしたの?」と聞いてくれて、疲れて帰ってくるところにタイミングの話題を出せずにいたこと、注射を打ってもらっているので毎月無駄にしている感じが辛いこと、そんなこんなで混乱してしまったことなど、いろいろ聞いてもらいました。

旦那さんも理解してくれ、その場は一件落着しましたが、自分でため込んでいても何も伝わらないし、自分自身をストレスにさらすことになるので本当によくないなと感じました。

それからは、仲良しの頻度を増やしたり、しっかり先生に言われたことを共有して頑張っています。
1

上へもどる