カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 産・育休期間中のやりくりが心配…
お金・各種制度

[22w]産・育休期間中のやりくりが心配… [妊娠・出産の体験談]

2111人に読まれました
2015-07-28 13:32
最近よく考えることは、産・育休期間中の家計のやりくりである。
貯金額も給与の何ヶ月分しかない状態ではあったが、今までは共働きで毎月3万円くらいは貯蓄に回せていたので少しは大丈夫かなと思っていた。

しかし、最近になりいままで見たことのなかった納付書が届くようになった。
それは旦那が以前住んでいた街の未納分の国保や国民年金、それに住民税の納付書だった。
結婚をきっかけに今住んでいる街へと引越し住民票を変更したのが、きっかけだった。

ただでさえ急きょ産休前に切迫早産と診断され会社も休むことになって、旦那の給料だけで頼るしかなくなったのに、この納付書の支払いをしてしまったらもう毎月赤字になってしまうのである。

出産手当金などもすぐには出ないのでそれまでをいかに過ごすかということになり、とりあえず夫と自分で使うおこずかいの見直しをすることにした。
すると今まで外食や諸々の交際費でだいぶ使っていることに気づき、これからはお互い合わせて1ヶ月のおこずかい(猫の餌代や生活品も含めた額)を4万円にすることにした。
しかし、これでもまだまだ赤字の家計簿で、私にも何かできることはないかと思い在職ワークの内職をすることにした。
クチコミを投稿したりと事務作業をメインに内職をしているが、まだ始めたばかりなので月にどのくらい稼げるかはわからない。
最初は5000円を目標に少しでも家計の足しにできるように頑張ろうと考えるのであった。
1

妊娠22w前後の体験談

上へもどる