カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. ベビーカー選びは慎重に?
ベビー用品

[0歳3ヶ月]ベビーカー選びは慎重に? [育児の体験談]

3862人に読まれました
2015-07-28 17:11
0歳児育児三種の神器の一つともいえる(当家比)、ベビーカー。
チャイルドシートと並び、妥協が許されないアイテムです。
ママの生活環境を考え、より良いものを(予算の範囲で)選びたい!
※写真は練習中の光景です。寝ている状態の息子を室内で載せてみました。

  • 主流はハイシート?

    どこのベビー用品のお店でも、いろんな種類のハイシートベビーカーが並びます。
    妊娠したての頃に見に行ったときには、50cm位のものが多かったのに、知らぬ間に58センチがずらり。
    お値段も、ぎょっとするものばかりです。
    さすがに58cmのハイシートにもなると、押す方は扱いやすく疲れにくい設計です。
    しかし、重量的に重たいものが多く、子供を抱えて片手で持ち上げるなど、ぎっくり腰&腱鞘炎の私には無理を感じます。
    とはいえ、夏場に使うことを考えると照り返しを少しでも緩和させる設計のハイシートは魅力です。
  • はたして何キロまでなら軽いのか?

    世のママさんたちは、あのエレベーターがない急な駅の階段で、ベビーカーをどうやって運ぶのだろう。どれだけ力持ちなのだろう・・・私はそれが気になって仕方がありません。
    と、言うのも我が家の最寄り駅は人の乗り降りが比較的に多い割にバリアフリーが実装されていない古い駅なのです。
    ベビーカーどころか、車いすも人力で上り下りのようです。
    ホームまではかなりの距離があり、階段も少し急な作りになっています。
    この状態で赤ちゃんを抱っこしたまま、ベビーカーと荷物を片手に上り下りはいかがなものでしょう・・・。
    タイトルは愚問です。私はこの駅をベビーカーで使わないという選択をするほかありません。
  • 2年型が古いだけで半額

    50cmのハイシートとなりますが、2年ほど型が古いものだとネットショップなどでは半額ほどで手に入ります。
    我が家では、車種の都合上、チャイルドシートの選択肢がほとんどなかったため、ベビーカーを妥協せねばなりません。
    見た目も最近のものとあまり変わらないため、それで手を打つことにしました。
  • なのに嫌がる息子

    箱から取り出すのに一苦労の重さ。
    片手で持てなくはないですが、息子を抱えて持ち上げることは自分には出来まい。
    さすが重量があるだけあって、安定感もありしっかりしています。
    いざ息子を乗せると・・・・半端なく泣きわめきます。
    もともと抱き癖のせいもあるのですが、慣れない乗り物に違和感がただ事ではないようです。
    ちなみに、購入時は3か月入ったころでした。
    結局のところ、慣れるまで2週間ほど費やしました。
    寒い季節でしたので、厚着をさせて少しずつ移動距離を広げましたが、心が折れる思いでした。
    今では、当然のごとく「息子の乗り物」となった「ナナタ(名前)号」ですが、2年前であれば高価(定価)だったこのベビーカー。決して、乗り心地が悪いわけではなかったと思います。
    「慣れ」が大きいのだと思います。
  • 照り返しは防げるのか?

    自分がベビーカーを運転するようになって、周りを見るとハイシートへのこだわりは半々のようです。
    そして、この夏、照り返しについて周りのママさんの対策はいかがなものかと思いましたが、ハイシートではないベビーカーでも気にせず気温33度の町中をグイグイ進んでいるママさんをあちこちで見かけます。
    実際、50cmであっても息子は何もしていないと真っ赤な顔をしていますし、保冷剤を背中においても後頭部はびっしょり。10センチくらいの高さは「多少」くらいにしかならないのかもしれません。いずれにせよ暑いものは暑いのです。
    そう思うと、ハイシートにこだわらず軽量を重視すればよかったか?と思う今日この頃です。
1

上へもどる