カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 出産 その3
出産

[40w]出産 その3 [妊娠・出産の体験談]

517人に読まれました
2015-07-28 23:18
本陣痛がはじまってからはひたすら耐えました。

  • ひたすら耐える

    破水後、いままでの痛みとは段違いの腹痛が起こりました。間隔は10分間隔。痛みの波が過ぎると元気になりますが、運ばれてきた夕飯は、固形物は食べ辛く半分くらい残してしまいました。
    痛みの波はだんだん短くなり、7分間隔になりました。このころには、痛みの合間もかなりの痛みがあり、歯をくいしばって唸りながら耐えていました。テニスボールで背中を押す事も試しましたが、私にはあまり効果がありませんでした。回ってきた看護師さんに声出すと余計痛くなるよと言われ、目を閉じ、息をゆっくり吐くように、とアドバイスを受けました。できる限り実践してみると、気持ちが落ち着くのか、少し楽な気がしました。子宮口が7センチになった時、個室からLDRに移動しました。
  • 主人到着

    夜21時半ごろになっていました。ようやく主人が到着した頃には陣痛は3分間隔。ずっと痛い状態で、主人とは会話もできません。
    とにかくチカラを抜くイメージと、息をたくさん吐いてたくさん吸うイメージをしていました。足首を温めると痛みが軽減されたため、主人に足首を握ってもらい、温めてもらっていました。水分はミネラルウォーターだけは飲めたのですがそれ以外は受け付けませんでした。カロリーのあるジュースを持ってくるよう病院から言われていたため水は準備しておらず、ミネラルウォーターを母に買ってきてもらいました。

みんなへメッセージやアドバイス

看護師さんに言われた通り、痛みは、声を出さず深呼吸していた方が感じにくかったです。叫んでしまうと身体に力が入り、より体が硬直してしまうんだそうです。でも本当は叫びたいほど痛くて苦しいので、声を出さないようにするのに必死でした。。「(この苦しみは)産めば終わる、大丈夫、大丈夫・・・」とひたすら念じていました。(笑)
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる