カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 子どもどうし
おでかけ

[0歳10ヶ月]子どもどうし [育児の体験談]

665人に読まれました
2015-07-29 11:47
成長とともに、他の子と仲良くできるようになってきた様子を書きたいと思います。
  • いとこのお姉ちゃんと仲良し?

    最初にいとこにあたる4歳の姪っ子と会わせたときは、おっかなびっくりだった娘ももうすぐ1歳。

    何度か会う機会があり、前回会ったときはその後お姉ちゃんの良くないところを真似してしまい
    帰ってからが大変でした。

    それまでは大きな声を出したり奇声を発することがなかったのに、姪っ子に会ってからというものの
    やっていいことと思ってしまったのか帰ってから「キーっ」と甲高い声を出すようになってしまいました。

    困った影響です。

    しばらくして児童センターの赤ちゃんサロンなどに参加すると、周りの赤ちゃんたちが奇声を発しなかったので
    それを見習っておさまりましたが。。。

    自己主張も始まり、イヤイヤもするようになり、さらに真似っこもするようになっているということがよくわかりました。

    そしてつい最近、私の実家でまた姪っ子に会う機会がありました。
    今回に限っては、姪っ子が何かをするとママだけでなく私や主人など周りからみんなが怒りしつけをするということになり、
    姪っ子も泣いてしまいましたが
    そのおかげかうちの0歳の娘が真似をすることはありませんでした。

    幼いながらに「お姉ちゃんと同じことをすると怒られる」ということがわかったのでしょうね。

    姪っ子にも、「あなたが良くないことをするとうちの娘が真似をするんだよ」と伝えると、少し考えた表情をしていました。

    とはいえ、子どもどうしはやはり何か通じるものがあるのかすぐに仲良しに。

    お昼ごはんで外食をしたときにも、ごはんを食べたあとに写真のように仲良く遊んでいました。

    遊び相手になる子がいるのは大切なことですね。

みんなへメッセージやアドバイス

親戚の子とはいえ、叱るのは少し気が引けますが
自分の子どものために、そしてその子自身のためにも親だけでなく周りが注意することも必要なんだと思います。
親どうしの声かけも必要ですが、そうして子育てできると助かりますね。
1

上へもどる