カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 世界が広がるハイハイの始まり
成長の目安

[0歳7ヶ月]世界が広がるハイハイの始まり [育児の体験談]

2249人に読まれました
2017-01-19 13:11
ハイハイをするようになったのは、生後7ヶ月頃からでした。
  • 一気に広がる行動範囲!

    それまでは、寝返りでの移動距離はせいぜい半径2mが限度だったのに、ハイハイをマスターしてからは家中ペタッペタ、、と歩き回るようになりました。
    本人は毎日冒険気分でご満悦なのでしたが、母としては危険なものが置いてないかヒヤヒヤする日々でした。

    大人にとっては何も感じないものでも、赤ちゃんにとっては全てが好奇心の対象になっていました。

    あと、毎日掃除していたつもりなのに、赤ちゃんの手のひらや膝にうっすらつくホコリ、、
    口に入れられたら大変なので、毎日の掃除に「床拭き」が加わって、結構しんどかったです。
  • ハイハイを始めたら旦那が残念そう。。

    息子のハイハイしている姿を動画にとって、旦那に送ったら「そっかぁ〜、息子ちゃんもう大人になっちゃったね、、」と何故か残念そうでした。
    なんで?!成長して嬉しいじゃない!と言うと、「後ろ足を上手く前に出せなくてお尻をフリフリしている姿が可愛かったから」だそうで、、。

    いや、確かに可愛いけども(笑)
    意外にも、そんな息子の姿にキュンキュンしていたんだなーと思うとなんだかおかしかったです。
  • ハイハイからつかまり立ちまでは早かった。

    なかなかハイハイが出来るようになるまで、前にすすもうと足をケリケリしてもなぜか後退して、いつの間にかソファの下に入り込む、ということを繰り返した息子。
    しかし、ハイハイをマスターしたらすぐにつかまり立ちも出来るようになりました。
    生後8ヶ月にはつかまり立ちもしていて、100日のお祝い以来会っていなかった旦那の両親がたまげていました。

    でも、ハイハイの合間にたま〜に立つくらいで、基本はハイハイ暴走族でした。
    ハイハイで鍛えられたのか、つかまり立ちをしてもあまりふらつくことはなかったです。

    知り合いの子供は、つかまり立ちはすごいするけど、足に力が入らなくて頭から転んだりしていたそうです。

    それを聞いて、家の中はどんだけ荒れたって夜片付ければ良いんだから目一杯ハイハイしてくれ、、と思いました。
  • お出かけが大変になった!

    それまでは、抱っこ紐やベビーカーに乗せたらわりと大人しくしてくれていたのですが、ハイハイが出来るようになると「動かせろ!」と言わんばかりに暴れるようになりました。

    なので、なるべくキッズスペースのあるショッピングセンターに買い物に行くようにして、買い物10分キッズスペースで遊ぶ時間20分、のように、大急ぎで買い物を済ませるようになりました。

    そのお陰か、産後で鈍ったとっさの判断力はかなり戻ったと思います(笑)
1

上へもどる