カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 2歳児、急にできるようになったコト
遊び・あやし

[2歳]2歳児、急にできるようになったコト [育児の体験談]

414人に読まれました
2015-07-31 10:32
 小さく産まれ、成長がゆっくりと思っていた我が家の双子たちももう2歳を過ぎました。体格は標準ラインのなかに収まるようになり、順調に大きくなってくれました。言葉や運動能力の発達も2歳を過ぎたころから急に成長してきています。毎日が驚きの連続です。
  • ブロックつなぎは自分の背よりも高く

     息子は最近ブロックつなぎが大好きです。おとなしく何かをしているなと思ったら1人黙々とブロックをつないでいます。前はつなぎ方がゆるかったり、まっすぐつなげなかったりしていて、すぐに崩れていましたがしっかり止めれるようになってきました。面白さが分かってきたようで、自分の背よりも高くつなぎ、嬉しそうに私のところに見せにくるようになりました。
     ちょっと鼻の穴をふくらませながら、得意げな表情で持ってきてくれます。その割には、すぐに投げて壊してしまって大笑い。何度でも組み立てていますが、よく飽きずにできるもんだなと感心しています。
     ブロックに限らず、「つなげる」「並べる」作業をすると私に見せに来ます。つないだりする作業でも成長を感じますが、それを誰かに見せたいという感情が出てきていることにも成長を感じるようになりました。
  • 動物のモノマネ

     おじいちゃんが動物がたくさん載っている絵本を買ってくれました。最初は「わんわん」くらいしか反応がなかったのですが、ウサギを指さすと手を頭に当てて「ぴょんぴょん」と言ったり、ウシを見ると「もーもー」など、言えるようになりました。またタヌキなどはお腹を手でポンポン叩いてみたり、鳥は羽ばたく真似をするなど、ジェスチャーもできるようになりました。
     これまでは本やテレビで動物を見ても「わんわんいるね」や「鳥さん飛んでるね」という程度にしか話しかけていなかったのに、子どもはしっかり覚えているんですね。あまり見たことがない(と思われる)動物でも覚えていたりするので驚かされます。
     まさに今のこどもの脳は水を吸うスポンジのように何でも吸収していってます。今更ながら、母親である私がもっときれいな言葉遣いにならないといけないなと焦っています。いまからでも気を付けていかなければいけませんね。
  • おやつの時間には敏感な双子

     「そろそろおやつにしようか~!?」と私が口にすると、すぐに椅子に座り、チェアベルトも自分で締めます。そのあと「エプロン、エプロン」と言って着々とおやつの準備を進めようとします。
     お腹がすいていないときの食事時間にはこんなに機敏に動いてくれないのに、おやつにだけは敏感です。しかも双子、出遅れるとおやつがなくなると思っているのか、競うように椅子に座ります。ちゃんと2人分、お皿を分けて用意しているんですけどね。
     食事の椅子にすわってくれるのもそうですが、最近はベビーカーやチャイルドシートにも自分ですわろうとよじ登ってくれるので、ずいぶん私は楽になってきました。チャイルドシートのベルトは私がとめますが、抱き上げなくてもよくなったのは体力的にも楽です。また、1人のベルトを止めている間にもう一人が座っていてくれると効率的ですね。
     双子は忙しさが倍とは言われますが、楽になるスピードも倍と言っていた先輩双子ママの言葉が徐々にわかるようになってきました。

みんなへメッセージやアドバイス

 朝できなかったことが、夕方にはできるようになっていたり、急に手伝いをしてくれようとしたり・・・。何をしでかすか分からないので目が離せないのではなく、成長の瞬間を見てみたいので目が離せない、今日この頃です。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる