カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 体内記憶をこどもに聞いてみた
成長の目安

[2歳]体内記憶をこどもに聞いてみた [育児の体験談]

368人に読まれました
2015-08-03 14:45
体内記憶。
子どもがお腹にいるときのことや、お腹に入ってくる前のことを覚えていて話てくれる素敵なお話。
本やネットで目にしていたので、我が子が話せるようになると是非とも聞いてみたいと思いました。
  • 聞くのが夢だった

    我が家の三歳の娘が2歳半くらいのときに思い切って、「ママのお腹にいたときのこと覚えてる?」と聞いてみました。

    すると、床にねずみのように丸まり、「こんな風に入ってたよ」と。
    ビックリしました。狭いお腹の中にいた体勢なんて知らないはずだし、胎児などのことを写真やテレビでも見た事がなかったからです。
    「中は何色だった?」と聞くと、「ピンク色だった」と言いました。
    子宮や羊水の中の色のことでしょうか。
    そして「〇〇ちゃんの声が聞こえた」と。
    〇〇ちゃんとは私の実妹のことで、出産を心待ちにしてくれていたので、妊娠中はたしかにお腹によく話しかけたりしていました。
    けど、パパもけっこう毎晩のように話しかけてくれてたんだけどな(笑)

    もっといっぱい聞きたかったけれど、集中力が途切れそうだし、これだけで嬉しかったので止めにしておきました。
    ちなみに、この後もさりげなく、「ママのお腹に入ってくる前のこと覚えてる?」など聞いてみましたが、あまり答えてくれなかったです。
  • 体内記憶のポイント

    子どもに聞くのは一度だけにするといいそうです。

    私のようにしつこく後から何度も聞くのはオススメできないかもしれません(汗)

    けれど「なんでママのお腹にきてくれたの?」との問いには「ママに会いたかったら!」と言ってくれました。
    三歳になっていたし色々成長したから、もしかしたらママを喜ばそうと言ってくれたのかもしれないけれど、これにはもう感動して泣きそうになりました。

    ツンデレで無愛想、甘えベタの彼女が言ってくれた「ママに会いたかった」と言う言葉は、また育児を頑張れる原動力となりました。

みんなへメッセージやアドバイス

是非とも体内記憶をお子さんに聞いてみて温かいひとときを過ごしてみてください。
7

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる