カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 2歳差育児。大変なので上の子に対策をとった。
ママの悩み

[0歳1ヶ月]2歳差育児。大変なので上の子に対策をとった。 [育児の体験談]

2997人に読まれました
2015-08-03 14:42
姉弟の2歳差。下の子が産まれてから最初の数ヶ月は凄まじいものでした。
赤ちゃんのお世話以上に上の子の応対がもう大変過ぎました。
  • 寝かしつけ

    産院から退院してから、下の子が昼夜逆転していました。
    夫の帰宅は毎晩遅く、毎晩の寝かしつけも頼れません。

    上の子は、ママの添い寝が無いと寝られなくて下の子は夕方以降はいくら授乳しても寝てくれない!
    下の子をベッドの上におき、上の子に添い寝していると、下の子が泣き出して、せっかく寝かけていた上の子が覚醒し上の子もギャン泣き。
    これらのことを繰り返して、毎日夕方になるのが憂鬱でした。
    しかし、数週間経つと、上の子はそばにいるだけで寝てくれるようになり、下の子も、昼夜の区別がついてきました。
    下の子は、朝、カーテンをあけて覚醒後にすぐ朝日を浴びたり、朝少しでも外にでで活動的に過ごしたりと、情報を集めて何でも実行して早い事体内時計を正常にすることに勤めました。
    そうすることで早めに下の子が寝たら上の子と添い寝してあげられました。
  • 赤ちゃん返り

    心配していた上の子の赤ちゃん返り。
    ・おっぱいを欲しがる
    ・ハイハイしだす
    ・横抱きを要求

    全て答えました。しっかりと赤ちゃん返りにどっぷり浸からせてあげた方がいいと先輩ママさんたちからの助言を受けていたからです。


    時に、癇癪を起こしイヤイヤ期が炸裂しました。これも赤ちゃん返りのひとつでしょうね。
  • 上の子にとった対策

    正直時が過ぎるのを待つしかありませんが、それでも少しマシになるならと、私が実行してきたポイントです。

    ・上の子の赤ちゃんのときの話をたくさんしてあげる。とても嬉しそうに聞いていて満足げでした。
    ・おもちゃの取り合いになったとき、「赤ちゃんだから貸してあげて」などと特別扱いせずにふつうに最初使っていた方を優先する
    ・上の子があかちゃん返りしたときにはしっかりと赤ちゃん扱いする。時にはおくるみまでしました。足がハミでていましたが(笑)
    ・上の子との時間を意識してとる。パパが協力出来る時には上の子とママの時間をとることにしました。

みんなへメッセージやアドバイス

私の場合、もう大変すぎて下の子が3ヶ月になるくらいまでの記憶が所々無いほどです。
そんな中、下の子の赤ちゃんの可愛さにたくさん癒されていました。
4

上へもどる