カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 予定帝王切開手術をしました
出産

[40w]予定帝王切開手術をしました [妊娠・出産の体験談]

486人に読まれました
2015-08-01 15:20
手術の流れをレポート
経膣分娩予定でも知っておくべき!

予定帝王切開手術となった理由は骨盤に対して赤ちゃんの頭が大きい児頭骨盤不均衡の疑いがあったからでした。
予定日までは待ってみたものの、陣痛がこなかったので手術に踏み切りました。
  • 手術前日

    私の産院の入院は前日から。
    手術の内容に関しての同意書の記入、体重測定、血圧測定、胎児監視装置の装着などの一通りの検査を午前中までに終わらせ。
    午後は入浴は夕食など普段通りに過ごしましたが、夕方に膣錠を挿入。
    私の場合、子宮口が全く開いていなかったので悪露の排出口のために無理やりこじ開けるための処置と聞きました。
    これがまた重苦しい鈍痛が・・・
    20時以降は飲食ができないので、喉が渇いてもうがい程度で済ませるようにとの指示がありました。
  • 手術当日

    早朝から浣腸と点滴の処置がありました。帝王切開でも浣腸するのは知らなかった!
    最近の産院はほとんど行わないようですが一部剃毛がありました。
    手術3時間前、ここでやっと膣錠を外す。

    いよいよ手術室に向かいましたが、テレビで見るようなザ・手術室!
    手術台の上では全裸に手術布を掛けて臨みます(脱毛しといてよかった・・)
    腰椎麻酔を施すと5分くらいで感覚がなくなりましたが、意識があります。
    この麻酔を一度打ち直した時が一番痛かったかな。
    その後は全く痛みはないものの感覚があるのでなんとなく手術の経過が分かりました。

    あっという間に赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて。
    ここでやっと、ホントに赤ちゃんいたんだなぁと実感(笑)
    きれいに拭いたあとの赤ちゃんを見せてくれましたが、当日対面したのはこの一瞬だけ。

    胎盤を出しますねー、
    これから縫合します、
    医療用ホチキスで留めます、
    お母さんが眠くなるお薬を注射します、など声をかけていただいているうちに手術終了。
    1時間もしない程度で終わりました。
  • 術後は

    ストレッチャーで病室に運ばれ、助産師さんによる状態チェックやナプキンの交換、尿管導入をしてもらいます。
    麻酔がきれていないので、全てされるがままの状態(笑)
    気になる痛みですが、相当痛いと聞いていたためか思ったよりも痛くなかったかなぁ。座薬タイプの痛み止めを処方されましたが、使いませんでした。
    それでも翌日以降、積極的に動くよう指示されましたが、だいぶ猫背でゆっくりじゃないと歩けなくて!
    腹筋を使うと痛いので、起き上がるのも一苦労。
    痛みがつらい時にはナースステーションで赤ちゃんを預かってくれたりの配慮があったので十分に休息をとりながら赤ちゃんのお世話を開始できました。
    抜鈎(医療用ホチキスをはずす処置)も思っていたよりあっけなかったですが、傷はまともに見れませんでした・・

みんなへメッセージやアドバイス

帝王切開になるなんて全く予想してませんでした。もう少し帝王切開手術の流れを把握しておけばよかったと思います。

また、帝王切開は楽をした、と言われることもありますが、自然分娩と同じように後陣痛もあります。何日も傷が痛むし、跡も残ります。正直、帝王切開となったことに落ち込むこともありましたが、覚悟を決めた頃には子供にはここから生まれたんだよーと説明できるのが楽しみになりました。何より、生まれてきた子どもの成長を見ていると、母子安全であればどんな出産でもいいやー!なんて思います。
痛がりの私でも乗り越えられたので、初めてで恐怖を感じている方も一緒にがんばりましょう。
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる