カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. ストライダーカップ
遊び・あやし

[2歳]ストライダーカップ [育児の体験談]

477人に読まれました
2015-08-01 23:58
5年ぐらい前、長男が4歳の時にムラサキスポーツで見付けて買った時はまだストライダーカップなんてありませんでした。長男のお古のストライダーを受け継ぎ、2歳になってすぐのころから乗り始めた次男。三輪車をすっ飛ばし、ストライダーがお気に入りで恐れを知らず乗り回す。
そのうち、ストライダーカップという5歳児までしか出場できないレースがあることを知り、エントリーをしてみました。が、人気があって抽選もれ…数回目にしてやっと当選し出場してきました。
大会会場は異様な雰囲気。熱い親御さんばかり。ほとんどの選手がチームに属しエントリーをしているので、団体さんも沢山。我が家はその雰囲気の中、右も左もわからないおのぼりさん状態。
当時、次男は3歳クラス。
レースまでには、まずエントリー、ゼッケン付け、コースのテスト走行に開会式などなど。やることが沢山。実際予選がはじまってもなかなか息子の番にならない。
ルールがわかってるのか?その前に本番前に疲れちゃわないかな?トイレは?大丈夫?など、やる気を持続させるために、親の方が変な気疲れ。
次男は4つ上の長男にも果敢に責めるタイプで、日頃、かけっこなどで負けるとやってらんねぇー。と、その場に大の字に寝てしまう。果たして途中でレースを投げ出すことなくゴールまでいけるのかと心配してました。
が、レースの順番が近づくにつれ、それなりにわかってるのか、よしやるぞ!という顔つきに変わっていきました。
真顔でスタート!レースの経験を積んでいる子はスタートダッシュが違います。その後のコース取りもお見事!次男は技術的なものは無いものの、必死にくらいつきなんとか4位入賞で予選通過!次の準決勝レースでくしくも敗れ決勝進出ならず。それでも準決勝レースでは途中で追い抜いたりと最後まで諦めることなくゴールを目指せた事に感動しました。
最年少レースだけに、自分の子供だけでなく、頑張ってるちびっ子達の姿は良いものです。ストライダーをお持ちの方は良い思い出が出来るのでエントリーしてみてはいかがでしょうか。おすすめです!
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる