カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中の夫との関係◆不妊治療から切迫流産を経て
妊娠中の生活

[20w]妊娠中の夫との関係◆不妊治療から切迫流産を経て [妊娠・出産の体験談]

14100人に読まれました
2016-03-22 17:15
不妊治療から切迫流産を経て、安定期に入ってからの夫との関係は、おそらく一般的だと思います。すごく協力的という訳ではありませんが、これくらいでいいと思っています。
  • 病院の送り迎えは協力的、でも妊娠検診には一度もついてこない

    病院への送り迎えは時間が合えば必ず送ってくれます。しかし、夫の休みと検診日が重なった日でも、病院内までついてくることはまずありません。もちろんエコーで赤ちゃんを見たことは一度もありません。母親教室にも来ません。私もそれで薄情だと思ったことはなく、仕事をしている男性はこんなもんだろうと思っています。
  • マタニティブルーで大泣きしたとき

    私は2回くらい、マタニティブルーのためかよく分からない理由で大泣きしたことがあります。その時夫は別に理由も聞かず、泣きやむまでほっとかれました。
    夫が言うには「理由も分からないから触らないのが一番」と言っていました。
    いくらなんでもそれはないだろうと思い、泣いたときくらいは手でも握ってくださいと伝えてあります。妊娠の時期とは関係なく、夫はいつもこうなので、私が悩むだけ損な気もします。
  • 夫との夫婦生活

    浮気をするような人ではありませんが、妊娠した時期が産後クライシスという言葉が流行った時期でしたので、スキンシップは心がけていました。

    また、いきなり夫婦生活がなくなるのもこちらも寂しいので、安定期に入ってからはたまに夫婦生活をしていました。夫からのお誘いはあるので、何回かに一回は応えています。
    臨月に入ってからは夫婦生活を控えなくてもいいと言われていますが、お腹が張りやすくなっているのでちょっと躊躇しています。

みんなへメッセージやアドバイス

お腹の赤ちゃんの話ばかりするとちょっとうっとうしいときもあるようなので、あまり赤ちゃんの話ばかりにならないように気を付けてきました。
よその旦那さんの方が協力的でよく見えることもあるかもしれませんが、よそはよそ、うちはうちと思うといいかなと思います。
1

妊娠20w前後の体験談

上へもどる