カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 赤ちゃんのお風呂
お風呂・スキンケア

[0歳4ヶ月]赤ちゃんのお風呂 [育児の体験談]

292人に読まれました
2015-08-03 16:00
  •  ベビーバスが使える大きさのうちは、沐浴をしていました。沐浴なら自分が服を着ていても出来ますので、寒い季節は沐浴をお勧めします。
     沐浴の場所はキッチンのシンクが便利でした。洗面台は狭くてベビーバスが上手く入りませんでしたし、風呂場ではベビーバスを床に置くことになり腰が痛くなったので合いませんでした。

     うちはリビングと続きになっているキッチンなので、風呂場を暖めなくてもすでに暖房が効いています。
     沐浴の前にはシンク周りのものはなるべく全てのものをどかし、柔らかい椅子の上にバスタオルを広げ、赤ちゃんの石鹸とガーゼを用意し、適温のお湯が出るようにして、オムツや着替え、保湿クリームや塗り薬を用意しておきました。
     ベビーバスにお湯が用意出来てから赤ちゃんの服を脱がせて沐浴開始です。1人で入れる時は特に、何か忘れると余計に面倒くさいことになってしまうので、準備はしっかりとするように気をつけました。

     首がすわっていないときは片手で抱っこして身体を拭いたりできないので、誰かバスタオルを持って受け取ってくれる人がいなくて赤ちゃんと一緒に入るときは寝かせられる場所を用意しておかなければなりませんでした。
     私は、ベビーバスにバスタオルを広げ、その中でくるんで自分が拭き終わるのを待っていてもらいました。これは、ハイローチェアを使ったという人の話にヒントを得ました。

     寒くない季節は自分が漏れたまま赤ちゃんを先に拭いてひとまずおむつだけしてから自分の服を着ていましたが、2人とも、凍えてしまうことがないのでだいぶ気が楽でした。
2

上へもどる