カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. >
  3. 赤ちゃん筆を作りに行こう!

[0歳3ヶ月]赤ちゃん筆を作りに行こう! [の体験談]

350人に読まれました
2015-08-03 16:05
  •  赤ちゃん筆は胎毛筆のことです。作るかどうか迷っていましたが、結局作ることにしました。

     はじめは、とりあえず何も知らなかったのでインターネットでお店を探しました。最終的には赤ちゃん筆センターのホームページから、提携している近所の床屋さんを探しました。そこホームページがなく、カット料金が分からなかったのですが載っていた電話番号に問い合わせて先に料金などを説明してもらってから、予約しました。

     筆を作るためには7cmはあると安心だそうですが、それだけ切るとほとんど丸坊主になるので、いつ切るのか悩みました。赤ちゃん筆には、初めて切る柔らかい髪の毛でないといけません。一度切ってしまってから万一、長さが足りないと取り返しがつきませんしね。

     幸い、生まれた時から割とたくさん生えていたので、4ヶ月頃に切れるようになりました。ちょうど脂漏性湿疹(頭を覆うような白いかさぶた)もあり、その薬を塗るためにも髪の毛を短くしたかったし、また、自分で頭を掻いてしまうせいで手の届く横の髪の毛がどんどん禿げていき、頭頂部だけ長い髪でバランスがおかしかったのと、このままだと髪が伸びるより禿げていく方が多いのではと不安になったからです。

     作っただけで仕舞いこんでしまうのは嫌だったので、飾れるのを探しました。壁掛けタイプか置くタイプがありましたが、壁に穴を開けなくて済むので、置くタイプにしました。当日、床屋さんでは拍子抜けするくらい大人しくしていてくれたので一瞬で終わりました。

     今は玄関に飾ってあるので話題のひとつになることもあります。特に私達の両親は気に入ってくれました。
1

人気体験談ランキング

ひろばランキング

上へもどる