カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 父の反応
つわり(悪阻)

[38w]父の反応 [妊娠・出産の体験談]

735人に読まれました
2015-08-04 00:44
妊娠、出産に対する父の反応・・意外なものでした
  • 普段から必要事項しか連絡することもないし、対面してもあまり会話のない父。
    しかも離れて暮らしているため、普段はお母さんを通して父の様子を聞く程度でした。

    さすがに妊娠の報告は父に直接電話することに。
    案の定、「そうか。おじいちゃんなんて呼ばせねえからな。」程度の反応で、出産時期やら性別の話も特にありませんでした。


    母から聞くと、自分の子どものときもそうだったとのこと・・・あまりに反応が薄いので、母は今後が心配になったそうで。そりゃそうだ。

    実際、生まれてからも育児に参加することはほとんどなく、興味を持って何かを聞くようなこともなかったそうでした。
    そんな様子を聞いても、まあお父さんらしいな、としか思わなかったけど。

    出産前は里帰りしました。その際、一度だけ父が
    「孫が生まれても、親にとっては子どもが一番かわいいもんだ。」
    とつぶやいたので驚くと、母も
    「そういうもんだよ。やっぱり自分の子どもは特別な存在だよ。」

    母はそんなことないよ、なんていうと思っていたので驚きました。
    ・・そういうもんなんだろうか?
    きっと、自分に孫ができるまでこの言葉は忘れないんだろうね。


    そして息子が生まれました。
    入院中、家族がお見舞いに来てくれましたが、もちろん父以外。
    退院の日に初めて迎えに来てくれましたが、車の中では無言でした。
    ずっとそんな調子だったのですが、いつものことだと思っていましたが。

    家に着いてからというもの、
    満面の笑みで「おい、おい」と抱っこして離さない離さない・・・!
    父の前では平然を装ってましたが、家族全員驚いてました(笑)
    特に母が!そんな父を見るのは初めてだったようで。

    それからは毎日帰ってきては「寝てるのか」と聞いてくるし、泣いていると自分で率先して抱っこしてくれます。


    なんとなく、父は家族の間でも会話に入ろうとしなかったり、すぐに自分の部屋に戻ってしまうような気がしていました。
    孫という存在が父と家族を結んでくれた気がします。
    ここまで可愛がってくれると思っていなかったので、息子を連れてきてよかったなぁと心から思えます。

    でも、自分の子供が一番可愛い・・その言葉が今も変わらないなら。
    今日も満面の笑みで息子を抱っこし続けている父の横顔を見ながら、私たちへの無言の愛を強く感じています。
3

妊娠38w前後の体験談

上へもどる