カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 出産後すぐ母乳が出るように!妊娠中期の母親教室にておっぱいマッサージ
妊娠中期(5~7ヵ月)

[20w]出産後すぐ母乳が出るように!妊娠中期の母親教室にておっぱいマッサージ [妊娠・出産の体験談]

7607人に読まれました
2016-02-17 15:40
私の通っていた産院では「SMC(セルフマンマコントロール)」を推奨しており、中期母親教室ではおっぱいマッサージの指導がありました。
出産後すぐに母乳が出るようになるために、妊娠中からマッサージをしてコンディションを整えていくのが狙いです。
※産院によっては推奨していないところもありますので、ご注意ください。
  • 産後すぐには母乳は出ません

    赤ちゃんが生まれたら母乳はすぐに出るものだろう。
    それは間違いです。
    たいていは吸われまくって数日後やっと出るようです。
    この産前マッサージは、産後スムーズに赤ちゃんがおっぱいを吸えるように行うマッサージだとか。
    院長曰く、ここでしっかりケアをしていたら初日からおっぱいが出るとのことでした。
    ちなみにこのマッサージは子宮を収縮する効果もあるので、妊娠中期のリラックスしている状態に毎日少しずつ行うのがベストです。
    頑張りすぎると、お腹が張ってきたりするので注意が必要です。
  • 理想の乳首はマシュマロのように

    マッサージは乳房を胸骨からずらすように横・ななめ・下から動かす「基底部マッサージ」と乳首をつぶすように圧を加える「乳首マッサージ」と2種類を行います。
    特に乳首はマシュマロくらいの柔らかさになるようにと言われました。
    その時点で、私の乳首はシイタケの芯のような硬さでした。
    赤ちゃんは乳首だけでなく、その根元、乳輪部分(乳管洞)から口に含むので、そこからして柔らかくしておかねばならないとのこと。
    また、乳首の長さもある程度伸ばさねばならないようです。
  • 胸の激痛に号泣

    大体の方が痛いとうなるという、おっぱいチェック。
    前から順番に助産師さんが乳首の硬さと長さ、乳管の具合をチェックして回ります。
    さて、自分の回になった時。思わず痛みで絶句。
    まるで水道の蛇口をひねるかのように、グリン!
    助産師さんが無言で数回グリングリンとする間、床に爪を立てて我慢していたほどです。
    「これは硬すぎですね。マッサージしても変わらないかも」
    「保護器をつけても、赤ちゃんがうまく飲んでくれないかも」
    その言葉を聞いて、痛みにも耐えられず号泣してしまいました。

みんなへメッセージやアドバイス

その後いろんな母乳の本を読み、マッサージ法を変えたりしましたが、それが苦になり先生に相談したところ「妊娠中はそこまで頑張らなくてよいよ」とのことでした。
結果から申し上げますと、かたくても大丈夫です。子供が必死に吸いまくるので、嫌でも柔らかくなります。
同じ悩みを持たれている現役プレママさんは、リラックスして適度なマッサージを続けてくださいね♪
1

妊娠20w前後の体験談

上へもどる