カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食、少食で好き嫌いが多い!ママの憂鬱を減らした3つポイント
離乳食

[0歳5ヶ月]離乳食、少食で好き嫌いが多い!ママの憂鬱を減らした3つポイント [育児の体験談]

3972人に読まれました
2015-08-04 10:48
せっかく一生懸命に作った離乳食を食べてくれない!
だけど、食べさせなければならないから。、頑張るけど心が折れそう、、、
  • 一日三度のことだから

    せっかく作った離乳食をほとんど残された。
    気を取り直して、次の食事の時に「もしかしたらこれなら食べてくれるかも!?」と他のものを作って出すと、一口めで口から出してそれ以降食べない、、、
    母乳もほとんど飲まなくなったのに、なんで我が子は食べてくれないんだろう?!

    ママ友と遊びに行った時、ママ友の子のお弁当は我が子の3倍の量だった。それを見て、パクパク沢山食べている子が心底うらやましくなった。

    なんで我が子はこんなに食に興味がないのか、なんで食べないのか。私は毎日3度の食事の度にいつも憂鬱でした。
  • 行動と思考を3つ改善した

    まず、思い切って離乳食を作らずにベビーフードをあげてみました。あらかじめ、冷凍分の保存分をとっておいて、食べきれそうな量だけ出します。これならもし残されてもストレスが少なかったです。
    ベビーフードは味がしっかり目なのか、割とよく食べました。
    ママ自身が手作りの離乳食と言うものにこだわりすぎていたことにも気付きました。

    ふたつめに思考を変えたのは、「自分自身が、大食い選手権に出るような人に、自分と同じ量食べろと強要されても困るな」と思いました。ひとそれぞれの食べる量があるから「少食の子」なんだと思って、言葉は悪いですが、すっぱり諦めました。

    みっつめ、おやつは食事と同じような内容にする。
    少食といえども、やっぱり子どもなので甘い物なら沢山食べます。そうすると次の食事をさらに食べなくなる!
    なので、おやつも一回の食事と捉えて、一口おにぎりや、野菜入りホットケーキ、麩、小魚、コンブなどをおやつにしました。
  • 大きくなると食べてくれるようになる

    我が子は、3歳になると急に量を食べてくれるようになり、今まで嫌いだったものも食べるようになりました。

    個人差はあると思いますが、もう少し成長したり、保育園や幼稚園などの集団生活が始まると、きっと食べてくれるようになります。

みんなへメッセージやアドバイス

なるべく楽しい食事時間を過ごしたいですよね。
1

上へもどる