カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. パパをパパにするために!
パパの準備

[40w]パパをパパにするために! [妊娠・出産の体験談]

488人に読まれました
2015-08-08 14:45
 パパはなかなか自覚が芽生えにくいものだと聞きます。それでも世の中の父親はきちんと子供をかわいがり大切に育てています。私は主人にもっと早く子供に愛着を持ってもらい、もっともっとかわいいと思ってもらうためにいろいろ作戦を立てました。
  • 妊娠中にしたこと

     まず検診にはなるべく一緒に行きました。そして一緒に赤ちゃんの成長を見て、感じるようにしました。
     つわりの時期はできないことは主人にお願いし、二人で乗り越えました。
     お腹の中にいる間からパパの声に聴きなれていたら生まれてからもなついてくれると産婦人科の先生に言われたので赤ちゃんとパパのためにたくさん話かけさせしました。
     出産のための準備もほとんど一緒にやりました。
     私の中で一番迷ったのが里帰り出産をするかどうかでした。私の実家が県外なので私の事を考えるとやはり里帰り出産が楽です。しかし主人と赤ちゃんの事を考えると主人と主人の実家に頼る方がいいと思いました。立ち合い出産もしてほしいし、赤ちゃんが生まれるまでをすべて一緒に体験したかったので里帰りはしませんでした。
     
  • 出産してからしたこと

     主人の実家で一か月お世話になるのはいろいろ気を使いましたが、主人の家族とかなり仲良くなりました。赤ちゃんのお風呂も姑さんがしてくれていました。毎日とても嬉しそうに赤ちゃんのお世話もしてくれていました。
     主人も娘がかわいくてかわいくて仕方がないようです。現在2歳になりますが、「子供がこんなにかわいいとは想像もしてなかった。生まれてきたのがこの子でよかった。」と、ちょー溺愛です。
     主人の声をたくさん聴かせていたおかげか生まれてすぐからパパが抱っこしてもお乳以外は泣いたりしませんでした。娘は今でもママよりもパパが大好きです。

みんなへメッセージやアドバイス

 二人目の時は一人目の時ほど作戦に力を入れていませんでした。二人目は今三か月になりますが主人はあまり抱っこをしてくれません。「俺が抱っこすると泣くもん。」と言うのです。なんとか褒めて主人を喜ばせ二人目もかわいいと思ってくれるように仕向けてる最中です。
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる